【カメレオ】『カメレオ結成1周年記
念ワンマンライブ「みなさんのおかげ
でしたっ!」』2013年1月13日 at 新
宿BLAZE

撮影:江隈麗志/取材:ジャガー

 自分たちの成功だけでなく、ヴィジュアルシーンそのものを引っ張っていこうと気合い十分なカメレオが、バンドの結成1周年を祝したワンマンライヴを開催。見事ソールドアウトで迎えた本公演では、バンドとしての勢いはもちろんのことエンターテインメント性を追求したステージを体感することができた。
 カメレオが産声をあげた時からこれまでの軌跡を真剣になぞるも、ところどころで笑いに走ってしまうオープニング映像で会場を和ませた後、メンバーが登場。1曲目「評論家的ダンスナンバー」から会場を大きく揺らし、続く「擬似コミュニケーション」でヘドバンの嵐。フロア両サイドを囲むように設けられた迫り出しステージを利用して、Takashi(Gu)は猛ダッシュで下手側へ。より観客との距離を縮めながら綺麗な音色と妖艶なパフォーマンスで魅了する。対照的にエモーショナルなプレイスタイルのDaisuke(Gu)は「新宿。」で“声、声”としきりに煽り立て、ざらついた音色を響かせる。“今日は手加減しねぇぞ”とHIKARU.(Vo)の宣戦布告通り、噛み付くようなヴォーカルからシャウト、言葉を届ける力強いヴォーカルと多彩な表情で楽曲の世界観を広げていく。新年一発目の“ハナゲ”コールも決まり、終始テンション高めだったTakeshi(Dr)はタフなドラミングでリズムの要を貫き、同じくリズム隊のKouichi(Ba)も普段はバンド全体のバランスを見てのベースプレイだったのが、この日ばかりは自身を激しく主張。こういった楽器陣の掛け合いもあり、いつも以上に厚みのあるサウンドが生まれていたように思う。
また、演出の面でもさまざまな趣向を凝らしていたのも特筆すべき点で、互いに惹かれ合うも別れなければいけない男女の寸劇からの「バカ…バカ…バカ…」はより楽曲の世界観に浸ることができたし、「検索結果0」では楽曲とマッチした映像が映え、“派手にいこうぜ!”と言い放たれての後半戦ではお菓子のバラ撒きからウォーターガン、巨大ピコピコハンマー、イルカの浮き輪…と自由すぎる展開に! 
 ただ、これだけアホなことを散々やった後だからこそ、素直な気持ちを綴った「始まりの歌」でこんなにも感情が揺さぶられるのだろう。ひとつひとつのことに意味があり、しっかりと芯が通っているのが彼らなのだろうと思わされた。“上にあがって行かないと、バンドは続けられない”“上に行ったらやりたいことがもっとできる”と断言するカメレオの快進撃は6月30日の赤坂BLITZへと続く!

セットリスト

  1. 評論家的ダンスナンバー
  2. 擬似コミュニケーション
  3. 嘘も100回言えば真実
  4. 新宿。
  5. オセロゲーム
  6. 嫌な奴ね、アンタ
  7. バカ・・・バカ・・・バカ・・・
  8. マジカルドリンク
  9. 21世紀マン
  10. 思考は常にマイナス
  11. 愛と憎しみは紙一重
  12. 検索結果0
  13. 捏造ピエロ
  14. 養え、己を
  15. <ENCORE>
  16. 関係ナイ
  17. ニート姫
  18. 始まりの歌
カメレオ プロフィール

2011年に結成されたヴィジュアル系ロックバンド。バンド名は“カメレオン”をもじった造語で、“変幻自在で何でもあり”という活動と音楽性へのスタンスが込められている。2012年、1stシングル「捏造ピエロ」でCDデビューを果たす。パンクの要素を織り込んだポップな楽曲と、ときにコミカルな演出も盛り込んだライヴパフォーマンスで人気を得る。同年6月、オムニバスアルバム『CRUSH!3-90’s V-Rock best hit cover LOVE songs-』に「ズルい女」(シャ乱Qのカバー)で参加。また、ミニアルバム『新宿』、『試作品。』を2ヶ月連続でリリース、秋には初のワンマンライヴツアー『カメレオ FIRST ONEMAN TOUR 2012「ググれっ!」』『カメレオ PRESENTS TOUR 2012「修学旅行」』を敢行するなど、精力的に活動する。2013年3月にシングル「サンドウィッチLOVE」を発表。9月発売の5thシングル「ダメ男/ごめんなさいっ!」で、オリコン22位にランクインした。カメレオ オフィシャルHP
カメレオ Official Twitter
HIKARU. Official Twitter
Daisuke Official Twitter
Takashi Official Twitter
Kouichi Official Twitter
Takeshi Official Twitter
Facebook
カメレオ オフィシャルYouTube
カメレオ オフィシャルブログ
Wikipedia

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着