【ジャズネコ】ジャズネコ 渋谷egg
man 2007年3月8日

text:石田博嗣

全5バンドが出演するイベント『MATSURI vol.1』 のトリを飾ったジャズネコ。“全力でROCKしましょう!”というジーザス(Vo&Gu)の声でライブはスタートし、その言葉どおり1曲目からハイテンションのステージが繰り広げられた。勢い余ってステージから降りて客席でギターをかき鳴らすジーザス、何度も雄叫びをあげるベースのナカジマ、ステージ前まで出てきて客を挑発するドラムの矢吹ヨウ。全身全霊でプレイする彼らにとって楽器は感情増幅装置なのである。だからこそトリオ編成ならでのサウンドの緊迫感がフロア全体を覆い尽くすと、そんなメンバーのパッション、想い、そしてハートも一緒になって届いてきた。客がじっと聴き入っていた「チェンジバード」は、まさに“飛べない鳥は走れ”といった言葉が共鳴している瞬間だ。彼らの楽曲は古き良き時代のロックの遺伝子を受け継ぎつつも、懐古趣味ではなく現在のグルーブを持ち、時代を切り取っているからこそ、1つ1つの音や言葉がリアルに響いてくるのである。イベントで短い時間だったとはいえ、ジャズネコのROCKというものを存分に味わった。
ジャズネコ プロフィール

ジャズネコ:ジーザス(Vo&Gu)、ナカジマ(Ba)、矢吹ヨウ(Dr)。2002年7月に結成され、激ロックサウンドで観客を熱狂させるライヴが魅力の3ピースバンド。ジャズネコOfficial Website

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着