photo:安藤幸織 text:石田博嗣

有原雅人のソロプロジェクトCROWNが初めてアコースティックスタイルでのワンマンライブを行なった。2本のアコースティックギターとパーカッションという編成によって奏でられることで丸裸になった歌から痛感したことは、やはりメロディーの良さと言葉の重み、そして有原のヴォーカリストとしての歌声の威力。説得力はもちろん、色気や毒気、甘み、艶などを持っていることを改めて実感した。またこの日は、3年前にdrug store cowboyが活動休止した日ということでバンド時代の曲も披露。2本のアコギでスリリングな緊張感を再現した「フルスピード」や、サンプリングされた音のようにアコギで短いフレーズを繰り返し刻んで横ユレの心地良いグルーヴを作った「強く咲き誇れ」など、アンプラグドならではの音世界を生み出していた。 CROWNの定番曲から、製作中のアルバムからの曲やカバー、個人名義で発表されている曲、そしてバンド時代の曲まで、有原が自分が歌いたい曲をセレクトしたという今夜のライブ。そういう意味では、歌だけでなく、有原自身も表現者として丸裸になったのかもしれない。“信じる道が間違いじゃないと言える日を探す”と歌った「果てなき旅路」で本編を締めくくり、予定外のアンコールでCROWNをスタートさせた時の「はじまりの歌」が演奏されたのは、現在の彼の心境が今またそこにあるということなのだろう。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ ライブレポート

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着