【ヒメノアキラ】ヒメノアキラ 渋谷
O-CREST 2007年4月30日

「ARTIST CLUB」もチェック!

シンガーソングライターとして活動してきた妃野アキラが、新たにバンドとして活動をスタートさせるというワンマン&ニューアルバムリリース記念ライヴとなった、この日。会場は、そんな門出の日をお祝いしたいというファンの人たちであふれ返っていた。 ステージに姿を現した彼女は、ピアノの前に座り代表作である「勇敢な鳥」を力強く唄いあげる。「ピアノと唄だけの手作りのCD『カンバス』に入っていた曲です」、「ファーストアルバム『プラグ』の1曲目です」と、シンガーとして歩いてきた道のりを話しながら、大事そうに1曲ずつ歌い上げる。リアリティのある言葉は、ピアノというシンプルな音に乗って心の奥の方まで染み渡ってきた。 弾き語りで5曲を披露した後、「じゃ、バンドのメンバーを紹介しちゃおうかな」とドラムの中村憲司、ベースの石井康幸を呼び込む。「歌うことや、音楽のスタンスは変わることはありません。もっとワクワクすることを求めてバンドというスタイルを選びました」と彼女は、こぼれ落ちそうな笑顔でバンド“クラフループ”について言葉を続けた。バンドスタイルと、アコースティックスタイルの両方で、これまで“妃野アキラ”として歌い続けてきた曲とニューアルバム『Glissando』の楽曲を披露。これまで聴いてきた曲は、広がりを持ち、新しい曲は新鮮な喜びを届けてくれる。ドラムやベースという「音」に負けない彼女の歌声を聴いて、妃野アキラというボーカリストの才能を改めて感じさせられた気がした。アンコールでは、誕生日だった彼女にファンから特大丸ケーキが届けられるサプライズもあり、たくさんの笑顔、たくさんの「ありがとう」という言葉でライヴは締めくくられた。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着