撮影:三條康貴/text:ジャガー

真夏の太陽が似合うパーティーチューンを多数収録した3rdミニアルバム『限界破裂!!!』の発売を記念して行なわれた今回のイベント。日頃から親交の深いステューパ、PEEP☆4U、CHERRYといった面々が駆けつけ、会場を大いに盛り上げていた。 もちろんトリには←2HT→が登場。何と言っても、平均年齢21歳というフレッシュなバンドだけあって、若さあふれるパフォーマンスに観客は釘付け! 縦横無尽にステージを駆け回る姿は、時にオーバーすぎるのではないかと感じることもあるが、盛り上げ上手なバンドということもあり、観客も一緒になってはしゃぐ姿が目立っていた。だからと言ってサウンドがブレることはなく、しっかりとまとまりを見せており、聴き応えがある。特に、ロック色の強い疾走感ある「Levin」では、各メンバーの演奏のスキルの高さを思い知らされると同時に、楽曲に込められた前向きなメッセージが元気を分け与えてくれる。 ライヴも後半に差しかかった頃、今までの自分たちを振り返り、メンバー脱退時には解散を考えていたことをyusic(Vo)が明かす。そして、“けど、ここまでやってこれたのは自分たちの音楽を伝えたいってのと、こうやって応援してくれるって人がいるからで…ホントにありがたい”と言葉を続け、感謝の気持ちを込めて「メッセージ」を熱唱。演奏、歌、音楽、どれをとってもその姿に嘘はなく、彼らの“ありがとう”のひと言は深く胸に染みわたった。 12月3日にはShibuya O-WESTでのワンマンライヴも決定しており、現在各地をツアーで回っている彼らが一体どのような成長を見せるのか、次回への期待が大きくなったライヴだ。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着