【スガシカオ】スガシカオ 新木場ST
UDIO COAST 2007年10月29日

撮影:矢部志保/text:土内 昇

新しいバンドメンバーを率いてのツアーとなった『FUNK FIRE TOUR'07』。その最終公演の初日だったのだが、各プレイヤーが抜群のテクニックでサウンドを構築し、スガもスキャットを絡めるなど、新バンドとは思えない熟成されたステージングを魅せてくれた。CDではファンクやソウルをバックボーンとしながらも、洗練されたスタイリッシュなポップミュージックを聴かせるスガだが、いざライヴとなると趣が変わるのは周知の通り。しかも、今回のツアータイトルは“FUNK FIRE”であり、MCでも早々に“バラードみたいなものはやらない”と宣言された。つまり、いつも以上にディープでファンキーなサウンドが届けられたのである。スウィートではなく、ビターな甘さと毒性を含んだグルーヴは、鼓動と呼応にするように体に馴染んでいるのが分かるほど豊潤で濃厚なもの。そんなバンドが作り出す生のダンサブルなうねりに、なまめかしく繊細なスガのヴォーカルが映え、まさに最高のヴァイヴが客席を飲み込んでいった。しかも、会場はスタンディングスタイルのクラブスペースである。観客は思い思いに体を揺らせながら、どっぷりと楽曲に酔いしれていたことは言うまでもない。ヒットチューンの応酬となった終盤戦は、リスペクトしてやまないFLYING KIDSのカバー「炎(ファイアー)」も披露され、“日本のキング・オブ・ファンク”と言わしめるスガの独擅場。最後はメロディックな「午後のパレード」で幕は閉じられたが、まさに“FUNK FIRE”な夜だった。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着