【上木彩矢】上木彩矢 ラフォーレミ
ュージアム六本木 2007年11月17日

text:石田博嗣

現在のJ-POPシーンにはロックヴォーカリストと呼ばれるアーティストはいても、ロッククイーンと呼ばれる者は皆無に等しい。しかし、弱冠22歳にして、上木彩矢はその器を感じさせてくれた。もちろん、彼女の冠に“ロッククイーン”と付けるには早すぎると思うのだが、それだけのパフォーマンスを魅せてくれたことには変わりない。 彼女をサポートする面々は、B'zのツアードラマーだった黒瀬蛙一を始め、ライヴに長けた強者ばかり。しかも、ツインドラム、ツインギター+アコギ、ベース、キーボードという重厚な編成だ。それだけに、迫力あるサウンドと各メンバーのテクニカルなプレイが、フロントに立つ者を喰ってしまいかねない。開演前にステージ上のセットを観て、そんな不安を感じていたのだが、いざライヴがスタートすると、上木の声が柔なものではないことを痛感した。アメリカンロックやハードロックのエッセンスが効いたアッパーな楽曲の他にも、アコースティックセットでの「星の降る夜には」、ピアノ一本の「A constellation ~2007」などが披露される中、彼女は凛とした佇まいで、芯の強さを感じさせると同時に棘や艶、包容力、深さをも持ったヴォーカルを聴かせたのである。また、ステージに届けられる声援も、野太い男性のものから黄色い女の子のものまでさまざまで、客席にはロックファッションに身を包んだ若者やサラリーマンの姿も見受けられた。つまり男女関係なく、幅広いファンに支持されているということであり、それも大器を感じさせた要因のひとつだ。 “ここからはラストまでノンストップでいかせてもらいます!”。この言葉から、ライヴは後半戦に突入する。ハンドクラップでオーディエンスも演奏に参加した「YOU & ME」で一体感が築かれると、「眠っていた気持ち 眠っていたココロ」や「ピエロ」などのヒットチューンが続くクライマックスへ。言うまでもなく、疾走感あふれるサウンドに客席はヒートアップし、何本もの拳が力強く突き上げられていた。大合唱となった「もう君だけを離したりはしない」で本編が終了すると、余韻に浸る間もなく、すぐさまアンコールが沸き起こる。その声に応えて再びステージに現れた上木は、本編でのスタイリッシュな衣装を脱ぎ、ラフなTシャツ姿になったこともあってか、より自然体で音楽を、ロックを、ライヴを楽しんでいたのが印象的だった。そして、オーラスはツアータイトルにもなっているポップチューン「明日のために」。上木もバンドメンバーも観客も、弾けきったことは言うまでもないだろう。 最後まで観る者を惹き付けて離さなかった、上木の威風堂々としたステージングとタフな声。いい意味でまだ未完なのだが、だからこそロックヴォーカリストとしての今後の成長を大いに期待させてくれる。
上木彩矢 プロフィール

1985年9月10日生まれ、北海道出身の女性シンガー、上木彩矢。4歳よりクラシック・ピアノを始め、中学生の頃からライヴ活動を開始。この頃からパンク/ロックの影響でギターも始める。インディーズでの活動を経て、06年3月に<GIZA studio>よりシングル「Communication Break」でメジャー・デビュー。

06年4月にB'zの楽曲をカヴァーした2ndシングル「ピエロ」を発表し、オリコン週間チャート初登場9位にランクイン。続いて7月発売されたメジャー1stアルバム『Secret Code』がオリコンアルバム週間チャート初登場5位を獲得。本作がロング・セールスを続け、07年3月には『第21回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト10 ニューアーティスト賞』を受賞した。

また、圧倒的な迫力のライヴ・パフォーマンスには兼ねてから定評があり、その豊かな表現力は、メジャー・デビュー前から音楽専門誌などに取り上げられてきたほど。06年より定期的に開催しているワンマン・ライヴのチケットは、即日ソールド・アウトが続出するなど、いずれも大盛況を収めている。

09年8月、<エイベックス>が主催する夏のライヴ・イベント『a-nation'09 powered by ウイダーinゼリー』に出演し、音楽活動の拠点を東京へ移すため<エイベックス>へ移籍することを報告した。同年11月には移籍第1弾シングルとして、テレビ朝日系『仮面ライダーW(ダブル)』主題歌「W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜」を発表。10年1月には4thアルバム『INDIVIDUAL EMOTION』と初のベスト・アルバム『AYA KAMIKI Greatest Best』を同時発売するなどコンスタントにリリースを重ねている。上木彩矢 Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着