【真心ブラザーズ】真心ブラザーズ
中野サンプラザ 2007年12月20日

撮影:橋本 塁/取材:土内 昇

アルバム『DAZZLING SOUNDS』を引っ提げたツアーの最終日。ライヴを観ていて、まさに“DAZZLING”だと実感した。プレイされる楽曲が、放たれるサウンドが、真心のふたりが、そして客席も、まぶしいほどに輝いていたのだ。季節外れの夏の定番ソング「ENDLESS SUMMER NUDE」は前半の弾けどころだったし、今回のアルバムで桜井秀俊が初挑戦した打ち込みを鳴らせつつ、ふたりだけで演奏した「メッセージ」は聴きどころであり、桜井がハンドマイクを持ってメインヴォーカルを務め、途中でギターを持つはずだったことさえ忘れるほど熱唱した「(男・桜井が歌う)BABY BABY BABY」は観どころだった。ホーン隊も加わったファンキーなバンドサウンドはダイナミックなうねりを持ち、それにYO-KINGのヴォーカルが乗り、桜井がギターをかき鳴らせば、真心以外に出すことのできないハッピーでピースフルな空間が生まれることは言うまでもない。もちろん、この日も1曲目からそうだったし、クライマックスに近づくにつれ、どんどん輝きと温かさを増していった。そこには特有の“ゆる?い”空気が漂っているのだが、それだけYO-KINGと桜井が自由すぎるほど自由に音楽を奏で、無防備なぐらいに自然体で音楽を楽しんでいるということ。そんなふたりのテンションは言わずもがな観客にも派生し、そのキラキラとしたサウンドでもって笑顔を誘うのだった。“DAZZLING SOUNDS”、まさに真心の音楽を指す言葉である。
真心ブラザーズ プロフィール

マゴコロブラザーズ:1989年 大学在学中、音楽サークルの先輩・YO-KINGと後輩・桜井秀俊で結成。バラエティー番組内「フォークソング合戦」にて見事10週連続を勝ち抜き、同年9月にシングル「うみ」でメジャーデビューを果たす。14年に自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立し、19年にはデビュー30周年を記念し、リスナー投票によるベスト10楽曲を収録したセルフカバーアルバム『トランタン』をリリース。20年は10月に17枚目となるオリジナルアルバム『Cheer』を発表。デビュー32年目となる今もなお、ライヴ、制作にと勢力的な活動を展開している。真心ブラザーズ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着