【Ken Yokoyama】Ken Yokoyama 日本
武道館 2008年1月13日

photo:菊池茂夫/text:高木智史

見渡す限り、笑顔。この日、Ken Yokoyamaは自らのバンドKEN BANDと共に武道館に立った。日の丸が掲げられた会場の下、パンクを鳴らし、いつものようにMCで下ネタを言い、“FUCK!”と雄叫びを上げる。“彼が武道館で思う存分ライヴをする”。それは僕らキッズにとってスペシャルな日となったに違いない。 びっしり埋まった客席がグワッと沸く。ステージに現れた、当日まで知らされることがなかったシークレットゲストはなんとBRAHMAN。観客のいろいろな憶測は見事に裏切られ、最高の形でライヴは始まった。時間にして30分ほど。その30分間、怒濤のように繰り出されるファン悶絶のセットリスト。ただただ圧倒。無心で身入ってしまった。 そして、先ほどのBRAHMANの登場とは明らかに異質な雰囲気で、びっしり埋まった客席がドッと沸く。前者が驚きにより、反射的に飛び出た歓喜の歓声であれば、後者は温かく迎え入れるような歓迎の歓声。でも何だろう…。『Ken Yokoyama DEAD AT BUDOKAN』の知らせが入った時の心境は“まさかKenが武道館でライヴをするなんて…”という喜びよりも正直なところ、驚愕と困惑の思いが多かったように思う。いわゆるロックの聖地である日本武道館はパンクにとっては無縁のものだと思っていたし、違和感があった。だが、彼は後のMCでは、ナイトレンジャーの武道館公演の警備をアルバイトでしていた時にそのステージに憧れたと語っていた、ひとりのパンクロッカーなのだ。ライヴが近づくにつれ、そんな戸惑いはすっかり期待感に変わり、僕も温かい歓声のひとつとなって彼を迎える。そしてKenはやってくれた。いつものKen Bandに幸せを乗せて。オーディエンスもライヴが始まってしまえば、日々の憂鬱なんかをすっ飛ばしてくれるようなパンクロックに身を委ねるだけ。1曲目「Pressure」から観客は喜びを開放させ、モッシュにダイブに大合唱。そんな光景に“絶景だね! ゼッケー”と語り、彼の扇動で“パンクロック!”が武道館に鳴り響いた。ライヴ後半では音楽を愛する意味を込めHUSKING BEEの「Walk」を披露し、“人生ひとつのことを長くやってけば良いこともあるもんだ”と一節。その彼らしいひとことでなんとも幸せな空気に包まれるのだった。アコースティックのアンコールも含め、最後まで楽しみ楽しませ、“また小さいライヴハウスで会おう”と言った時には本当にうれしくて泣きそうになった。Kenはこれからもパンクロックを歌い続けてくれるのだ。
Ken Yokoyama プロフィール

ケン・ヨコヤマ:1969年生まれ、東京出身のロック・ミュージシャン。1991年にバンド、Hi-STANDARDを結成し、ギタリストとして活躍。日本のメロディック・パンク・シーンの創生と黎明、勃興を先陣を切って駆け抜ける。1999年に自身のレーベル<PIZZA OF DEATH RECORDS>を設立し、社長を務める。2004年2月にはアルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてソロ活動を開始。その後、ソロ・バンドの通称“Ken Band”を率いてライヴを行ないつつ、2005年11月に2ndアルバム『Nothin' But Sausage』、2007年9月に3rdアルバム『Third Time's A Charm』をリリース。ハイスタを彷彿させる疾走チューンから、アコースティック・ギターによる歌心あふれるナンバーまで、卓越したメロディー・センスを感じさせる。2008年1月、日本武道館でのライヴを『DEAD AT BUDOKAN』と称して行なう。2013年3月には、WOWOWで震災後の彼の活動を追った『ノンフィクションW 物言うパンクス!横山健~311、ハイスタ、その先に~』が放送。同年11月、自身の生い立ちから現在までを追ったドキュメンタリー映画『横山健-疾風勁草編-』が全国60館で劇場公開。Hi-STANDARDはもちろん、BBQ CHICKENSとしても活躍し、さらにレーベルはHAWAIIAN6、WANIMA、DRADNATS、GARLICBOYS、MEANING、SLANG、SNUFFら国内外のバンドを輩出している。2015年9月、6thアルバム『SENTIMENTAL TRASH』を発表。Ken Yokoyama オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着