【キャプテンストライダム/DOES】キ
ャプテンストライダム/DOES 渋谷CLU
B QUATTRO 2008年1月23日

撮影/取材:黒田奈保子

ニューシングル「わがままチャック」発売日のこの日、ゲストであるDOESのライヴからスタート。 響くギター、重く轟くベース、シンプルでマットな質感を持ったドラム、そして特徴のあるヴォーカルで会場を盛り上げていく。「シンクロニズム」や「明日は来るのか」など“キャプストとシンクロすれば”と披露される楽曲はどれも迫力があり、“同調”ではなく“挑発”にしか受け取れない。それほど勢いあるステージを見せ付けてくれた。 そんなDOESの“挑発”を受けたキャプストは、1曲目から新曲「わがままチャック」を披露し、“挑発”を見事に打ち返した。意外な展開に呆気に取られた観客のテンションもなんのその! 「フランクフルト」「ヤルキレス」と、ゴリゴリでちょっと男臭くて堅気なロックンロールと、圧倒的なパフォーマンスでみるみるうちに観客を惹き付けていく。「ペラペラ」では、永友聖也がかき鳴らすストレートなギターと軽快でポップな歌声がファンをさらに熱くさせ、「帰れやしないぜ」でのダンサブルな梅田啓介のベースや、ファンの動きを止めまいと、心地良いリズムを刻む菊住守代司のドラムが会場をさらにヒートアップさせる。アンコールでは、めでたく寿退職をするというマネージャーのためにサプライズで、ユニコーンの「ペケペケ」を披露し、最後の最後までファンを楽しませてくれた。
キャプテンストライダム/DOES プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着