【SOUL FLOWER UNION (with ミドリ
)】SOUL FLOWER UNION (with ミド
リ) Shibuya O-WEST 2008年3月28日

撮影:オオクマリョウ/取材:石田博嗣

『闇鍋音楽祭』とはSOUL FLOWER UNION(以下、SFU) の対バンライヴのこと。その東京公演初日は、1月にベーシストが正式加入した新生ミドリがゲストである。“闇鍋”というタイトルが如く、ジャンルレスのライヴが展開されること請け合いだ。 楽器隊だけでムーディーに始まったミドリのステージだが、その演奏はどんどんと熱を帯び始め、やがて壊れていく。そして、後藤まりこがステージ奥から走ってフロントマイクの前に立ち、“あんたは誰や”と叫び出す。まるでDNAが原始の記憶を取り戻したような感情的なパフォーマンスで、アバンギャルドなサウンドを解き放なつのだった。その後もパンクやロック、ジャズ、ポップスを超越した本能の音楽で場内を圧倒した。 ミドリがぶちまけた混沌とした空気を、今度はSFUがかき乱す。1曲目から伊藤孝喜の跳ねたドラムとJIGENのうねるベースでダイナミックなグルーブを作り出すと、河村博司の職人的なギターや奥野真哉の表情豊かなキーボードがサウンドを彩り、中川 敬の野太くインパクトの強いヴォーカルと上村美保子のリズミカルな掛け声が聴く者を惹き付ける。そして、観客はロックやパンクの泥臭さ、カントリーや民謡の土臭さをSFU流に昇華した、生命力あふれる楽曲に酔い、踊る。ミドリが感情を爆発させた音楽ならば、SFUは“音楽は楽しい”というパッションに満ちたものであり、まさに両者が高揚感を高め合う“祭り”のようなライヴだった。
SOUL FLOWER UNION (with ミドリ) プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着