【Kagrra,】Kagrra, 渋谷C.C.Lemon
Hall 2008年3月30日

取材:土内 昇

最新アルバム『Core』を携えたツアーの最終日。最後に一志(Vo)は“実はアルバムを聴いてもらうのが怖かった”と語った。新作での変化がファンに受け入れてもらえるのか不安だったというのだ。同じことを延々とやり続けることもロックの美学だが、彼らは変わっていくことを望み、まさに『Core』はターニングポイントだったのである。しかし、そのアルバムのツアーということで、ライヴでは新しい部分と、変わらない部分が明確に見えたと言える。 “和”をコンセプトとするKagrra,。そこは揺るぎないものであり、1曲目の「四月一日」からも垣間見れた。ずっしりと響くベースとタイトで力強いドラム、その上で2本のギターが流麗な旋律を奏でるというドラマチックなサウンドに、透明感のあるハイトーンボイスがさらに彩りを与える。和風というよりもJ-POP的なのだが、彼らだからこその色を誇っている。それは、バンドサウンドが炸裂する「斬帝」も同じだ。どちらも『Core』の収録曲だが、“和”のテイストを含んだ上での新たな風合いを持ち、そんな新作からのナンバーはメニューの中で既存の曲と並ぶことで、創造する音像をさらに鮮やかに、艶やかなものに変えていた。 冒頭の一志の言葉は“俺が得た核心、Kagrra,の変わらないもの、それがこの場所です”と締めくくられる。核は変わらずに、可能性を追究していくKagrra,。ライヴは、そんな彼らの姿を何よりもリアルに証明していた。
Kagrra, プロフィール

00年に結成、日本の和を追求したヴィジュアルと楽曲、艶やかなヴォーカルであっという間に動員を増やし、人気インディーズ・バンドとして不動の地位を獲得。04年、ついにシングル「愁(うれい)」でメジャー・デビューを果たした。

和テイストあふれるイラストやイメージ・フォトを使ったジャケットの美しさや、キャッチーな楽曲の素晴らしさはヴィジュアル系ファンだけでなく一般の音楽ファンにも浸透してきており、さらなる飛躍が期待されていたが、10年11月に突然の解散を発表。11年3月3日渋谷C.C.Lemonホールでのワンマン・ライヴ『終焉〜桜舞い散るあの丘で〜』を最後に、約11年の活動に幕を閉じることが公式サイトで発表された。Kagrra,Official Website
公式サイト(レーベル)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着