【ナイトメア】ナイトメア Zepp Tok
yo 2008年3月28日

取材:ジャガー

今飛ぶ鳥を落とす勢いでヴィジュアルシーンを席巻する彼らのZeppツアーも、今日を残すのみ。昨年の日本武道館でのライヴは、しっかりと血となり、肉となり、より魂のこもった熱いステージングへと反映されていた。歌声を引き立たせる重厚なRUKAのドラムと、激しくなぶるNi?yaのベースとの絶妙なバランス。そこへやわらかなタッチで舞うような咲人のギター、荒々しく感情的な柩のギターが加わる。力強いリズム隊と対照的な2本のギターが生み出すサウンドは静と動の狭間を行き来し、聴くほどに気持ちを高ぶらせていく。そして、唸り、叫び、思いの丈を歌にぶちまけるYOMI。そればかりではなく、ギターの代わりになるような大きめのちりとりを持って弾いてみたりと、エンターテインメントとしての演出も怠らない。バカになる時もカッコ良く決める時も、同じだけ精一杯になるからこそ、こんなに多くのオーディエンスを惹き付けてやまないのだろう。 ライヴも終盤に差し掛かったところで、“ボロボロになって帰りたい”と言った柩。全身全霊をかけ、最高のプレイを魅せたいという5人の気持ちが強く伝わってきた。その言葉通り、ステージ上を所狭しと動き回るメンバー、それに応戦し激しいヘッドバンキングを繰り返す観客。アンコールでは、10回ほど「the FOOL」をリピート演奏! 回をます度に激しさを増す、その熱演で、最後まで観客を魅了し続けた。ライヴ後は、お世辞にもきれいな姿とは言えないが、メンバー、観客ともに、晴れ晴れとした良い表情を浮かべていたのは言うまでもない。
NIGHTMARE プロフィール

2000年結成。Vo.YOMI、Gt.柩、Gt.咲人、Ba.Ni〜ya、Dr.RUKA。インディーズ時代に発売した限定デモテープやシングルを次々と完売させ、03年に「-Believe-」で日本クラウンよりメジャー・デビュー。シングル8タイトル、アルバム3タイトルをリリースした。06年にはレコード会社をバップに移籍。移籍第一弾シングルとして発売した「the WORLD/アルミナ」は、アニメDEATH NOTEのOP/EDに起用され、オリコン初登場5位となる。また、アニメ『CLAYMORE』のOP曲「レゾンデートル」(オリコン初登場3位)、アニメ『魔人探偵脳噛ネウロ』のOP曲「DIRTY」(初登場8位)と立て続けにヒットを飛ばす。10年は結成10周年のアニバーサリーイヤー。1月9日の埼玉スーパーアリーナ、8月25日の日本武道館、12月25日には10周年の締めくくりとしての幕張メッセ公演を成功させた。11年にはレコード会社をavexに移籍。移籍後も精力的に活動し、シングル10タイトル、アルバム4タイトルをリリースした。2016年11月23日の東京体育館の公演をもって活動休止、ここのソロ活動期間に入る。3年の活動休止期間を経て、2020年2月11日(火/祝)横浜アリーナにて復活LIVEを開催する。NIGHTMARE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着