【ミドリ】ミドリ 川崎CLUB CITTA’
2008年10月4日

撮影:平沼久奈/取材:高木智史

轟音渦巻くステージで担ぎ上げたギターを渾身の力で打ち付け、破壊。手元に残ったネックを客席に投げつけ、うずくまり、絶叫。それは決してパフォーマンスではなく後藤まりこ(ギターと歌)のあふれ出した激情がアウトプットされた瞬間。“あんたは誰や。ロックはなんや。音楽は誰のもんや”と叫んだ、ジャパニーズ・パンクバンド・ミドリのワンマンライヴはさまざまな感情があふれ出たものだった。観客に向けて“愛してる”“来てくれてありがとう”と呟いたかと思うと、直後“死ね!”“アホンダラ!”と放つ。思ったこと、感じたことをそのままに表す姿が、ライヴはこういうものだ、ライヴハウスはそれができる場所だと思い出させてくれる。だから、オーディエンスも感情剥き出しとなり、グラグラと沸き立つ。そして、ミドリのライヴは通常のライヴとは概念が根本的に違う。例えば普通はアッパーチューンを冒頭において、中盤にはミディアム、バラードで緩急を付け、MCでは楽曲の説明をする…などなど。ミドリのライヴは1曲1曲に全ての想いを吐き出して、めまぐるしく変わる感情を後押しするかのようにサウンドにさまざまなアレンジが施されている。1曲で並のバンドの一本分くらいのライヴの質があるのだ。また、「ゆきこさん」は“デストロイ”とシャウトしノイジーだが、「POP」はハジメ(鍵盤とコーラスとノイズ)の鍵盤がすごく美しくて後藤は穏やかに歌う。楽曲のバリエーションからして単なるパンクバンドとは一線を画すものがある。そんなステージにトータル15曲、1時間半弱の時間はすぐさま過ぎていき、圧倒された後の心地良さがこの日も体に染みていた。
ミドリ プロフィール

ミドリ:2003年7月結成。07年11月にミニアルバム『清水』をメジャーリリース。翌年1月に岩見のとっつあん(ベース)が加入し、現メンバーとなる。 ミドリ オフィシャルサイト
ミドリ Official Website
ミドリ オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着