撮影:Shinji Tanaka(Luz-p.o.)/取材:ジャガー

“負ける気がしねー!”、幾度となくヴォーカルの龍寺は叫んだ。自分たちの目指す音楽ができていること、それを支えてくれる人、応援してくれるファン…ゾロを取り巻く環境ひとつひとつに感謝する姿がそこにはあった。それと同時に、渾身の力を振り絞り、確固たる意志をみせるその姿はとても逞しくも思えた。 彼らにとって久しぶりのワンマンライヴは、アルバム『COSMO -ステンレスミュージック-』リリース後というのもあって、いつになく会場は熱気付く。1曲目「KITSUNE」を中心に前半は会場が一体となりやすいナンバーが繰り出される。後半では、切ないメロディーを爆音でかき鳴らす「ライオンベイビイ」、雰囲気をガラリと変えた「雨ライフ」を披露。特に「雨ライフ」は、ゾロ初のバラードであり、いろんな思いを込めて作ったというだけあって、プレイ、歌、どれをとっても聴く者の感情を高ぶらせるのだった。 かと思えば、MCでマラカスを持って踊るたつひ(Ba)だったり、あれだけ攻撃的なプレイをしたかと思えばMCはいたっておとなしいタイゾ(Gu)、どの状況下でもマイペースな発言で場を和ます裕哉(Dr)、熱弁の最中に噛んでしまう龍寺と、あまりの曲とキャラクターのギャップに笑いを誘う場面も! こういう一面があるからこそ、曲の緊張感が持続するのだろう。  彼らはほんの始まりにしか立っていなくて、可能性も夢もまだまだ膨らむに違いない。そして、さらなるステージアップすることも確実であろう。一体どこまで進化していくのか、期待せずにはいられない夜となった。
ゾロ プロフィール

ゾロ:2007年1月に龍寺を中心にたつひとタイゾの3人で結成、同年6月に裕哉が加入。UK、ファンク、トランス等さまざまなジャンルを自分たちの中に取り入れ、新たなサウンドを生み出している。7月23日(金)の名古屋SPIRALを皮切りにクラブツアー『ZORO TOUR 2010 club “MAD HOUSE”』を開催する。ゾロ オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着