【カラーボトル】カラーボトル Shib
uya O-WEST 2008年12月6日

撮影:岸 綱紀(キシツナキ)/取材:ジャガー

“踊ろうぜ、歌おうぜ!”、ヴォーカルの竹森マサユキはそう言って観客を煽る。目を爛々と輝かせ、実に気持ち良さそうに歌う。この会場で一番楽しんでいるのは彼なのではないか、そう思わせるほどに全身でリズムを刻み、顔をくしゃくしゃにしながら一曲一曲に思いの丈をぶちまける。そんな熱い竹森同様、一見クールに見えるメンバーも沸々と込み上げる気持ちをプレイに活かす…3度目の東京ワンマン、限られた時間の中で彼らは暴れまくるのだった。 「メッセージ」に始まり、序盤は心地良いメロディーを聴かせた。その後も「虹」「ハイホー」といったゆったりとしたナンバーが続き、“さわやかなカラーボトルで終わるのか?”と思いきや、渋めのイントロダクションを響かせ「パン屋さん」を繰り出す! 重低音を轟かせるベース、巧みなプレイで魅了するギター、前3人を凌ぐ力強いドラムが聴く者を捕えて離さない同曲。そして、お馴染みとなったコール&レスポンスにより、観客とメンバーの結束はより確かなものとなるのだった。 本編が終わった後も、アンコールを求める観客たちからは自然と「ボストンバッグ」の合唱が起こり、笑顔で再びステージに現れた彼らは「ボストンバッグ」はもちろんのこと、さらに「あぜ道」の2曲を歌いライヴは終わった。しかし、その後も会場に流れていた「10年20年」に反応してか、突然竹森が舞い戻ってきて歌い出すという場面も! 自らが一番楽しむこと、背伸びせず自然体を見せること、それがカラーボトルの魅力であり個性なのだと再確認できたライヴだった。
カラーボトル プロフィール

仙台出身の4人組ロック・バンド。メンバーは竹森マサユキ(vo、g)、渡辺アキラ(g)、穐元タイチ(b)、大川“Z”純司(dr)の4人。
ヴォーカルの竹森を中心として、04年にバンド結成。同年、新星堂オーディション『CHANCE!!』04年大会に東北・北海道代表として出場、準グランプリ/ベストボーカリスト賞を獲得。05年には1stミニ・アルバム『感情サミット』をインディーズ・リリース。さらに翌06年には2ndミニ・アルバム『to be or not to be』を発表し、インディーズ・シーンでめきめきと頭角を表していく。
07年、メジャー・デビュー作となる3rdミニ・アルバム『彩色メモリー』を<ドリーミュージック>よりリリース。インディーズ時代の名曲「グッバイ・ボーイ」のライヴ・ヴァージョンを含むこの作品によって、メジャー・シーンにもその存在感をアピールすることになる。
「老若男女幅広く、響く!伝える!届く!『お茶の間ロック』サウンド」が合言葉の彼ら。そのシンプルかつストレートなロック・サウンドは仙台から日本国内へと支持層を拡げている。カラーボトル Website
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着