【スネオヘアー】『SUNEOHAIR LIVE
TOUR 08-09“ バースデー”』 2008年
12月7日

撮影:川田洋司/取材:ジャガー

 ツアーのHow toを忘れたと言っていたが、そんなことを微塵も感じさせないのはさすがだと思う。1年9ヶ月振りにリリースされたアルバム『バースデー』を引っ提げ、これまた久しぶりの全国ツアーに赴くスネオヘアー。今日がその初日であり、会場は期待に胸躍らせて待ち構えていたのは言うまでもない。
 スネオヘアーの第一声は“久しぶりだな、おい”。街で偶然出会った旧友に声掛けるようなラフさが観客にとってはうれしかったりする。ステージは楽器とメンバーと照明、そしてスクリーンに今回のジャケットデザインが映し出されるという、至ってシンプルな構成。付け加え、演奏も淡々と進んでいくのだが、不思議と胸には熱いものが込み上げてくる。楽曲の良さ、歌詞に込められた思い、優しい歌声、そういったものがダイレクトに突き刺さってくるのだ。その中でも「サフラン」で、温かなバックライトを受け演奏する姿がとても美しく見えたのは印象深い。激しいロックチューンや浮き足立たせる軽やかなナンバー、そして少し切なくさせるバラードだったりと、さまざまな切り口で魅了し、時間はあっと言う間に過ぎていった。
 本編はあまりにも綺麗な終わりすぎたと思ったのか、“最後はやっぱりこの曲であったまってくれ!”と鉄板の盛り上がりナンバー2曲も披露。ダブルアンコールにも答え、無事にツアー初日を締め括るのだった。
 MCでもお分かりになるとは思うが、本編とアンコールともにステージを小走りで降りていったりと、彼の茶目っ気ぶりが憎めない。ツアーは始まったばかりなので、楽曲同様、人々から愛されるスネオヘアーを身近で感じていただきたいものだ。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のためセットリストの公表を控えさせていただきます。
スネオヘアー プロフィール

新潟県長岡市出身の渡辺健二による一人プロジェクト。2002年メジャーデビュー。自身の音楽活動の傍ら、YUKI、新垣結衣、坂本真綾らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM音楽の制作や映画出演などでも幅広く活躍。その独特の存在感は音楽界のみに留まらず、各界のクリエイターや俳優・タレントからも注目を集めている。役者としても、『犬と歩けば~チロリとタムラ』(2003年/篠崎誠)、『非女子図鑑』(2009/豊島圭介:エピソード「占いタマエ!」)、『つむじ風食堂の夜』(2009年/篠原哲雄)など多数出演。2015年6月、自身の作品を発表する場、新しいプライベート・レーベル「Tundra」を立ち上げ、アルバム『ツンドラ』発売(会場・通信販売限定発売中)。2016年5月には、9枚目のフルアルバム『0(ラブ)』をキングレコードよりリリース。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着