撮影:鈴木万祐子/取材:高木智史

東名阪ツアーのファイナル。暗転後、大歓声が起こり、足場の踏み場もないほどに集まった観客が一斉にステージ方向へ大移動する。女性ファンも多く観られたが、いきなりひしめき合うフロアの様相は決して穏やかではない。坂井俊彦(Dr)が強くシンバルを鳴らし、「コオロギ」でスタート。ロックナンバー「クローバー」「人間1/2」と連発し、オーディエンスは腕を突き上げっぱなしで息巻いていく。常に体をファンに向き合わせ、鋭い歌声を放つ猪狩翔一(Vo&Gu)、正確なタッチでアンサンブルの基盤を築く坂井、ふたりはクールに見えるものの、小西悠太(Ba)はひとりキャップにTシャツ、リストバンドというパンクキッズみたいな出で立ちで体を振りアグレッシブなベースを聴かせる。MCは言葉少なで、ある人は淡々とライヴをしているように見えるかもしれないが、歌、演奏からは彼らの内面にある熱いものが確かに感じられ、オーディエンスの熱狂と相まって、時間が経つにつれてどんどん引き込まれていく。中盤では「Silent Frog」「サカナヒコウ」とスローな楽曲も披露され、ただ、あふれ沸くような音像に引きずり込まれ、完全に主導権はtacicaに握られていた。1月14日にリリースされた「人鳥哀歌」では衝動が楽曲にブレンドされ、よりエモーショナルに放たれ、それにオーディエンスは跳ねる。この日、猪狩は何度も“ありがとう”とファンへ告げ、“感謝の気持ちってなかなか伝わらないですよね。だからCD作るし、ライヴする”と語った。薄っぺらな言葉ではなくtacicaのファンに対する熱い真っ直ぐな姿勢に、彼らのロックがどうこうではなく、男としてカッコ良いと思えた。終わりが近づくにつれどんどん大きくなる拍手。ラスト「アースコード」の高らかな歌、思い切りコードを弾くピッキング、それらの力強さの中には“ありがとう”という感謝の感情がこもっていた。
tacica プロフィール

タシカ:札幌で結成された3ピースロックバンド。2005年4月から現メンバーで活動開始。09年には2ndフルアルバム『jacaranda』をリリース。バンド史上最大規模の全国ツアー『パズルの遊び方』も大成功を収めた。10年4月、全国ツアーと初の日比谷野外大音楽堂ワンマン公演を目前に控えて、坂井が病気療養に入りライヴ活動を休止する。その後同年9月に坂井が退院し、復帰。11年3月16日にはシングル「命の更新」をリリースした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』