【間々田優】間々田優 渋谷O-nest 2
009年3月17日

撮影:古渓一道

ぼんやりとステージ脇に掛けられた、黒板風手書きのツアータイトル。これだけ凝視していると、やり場のない気持ちが彷徨いだしてくる。救ってくれるのか、突き落とすのか、もしくは逆に助けて欲しいのか…。インビテーションには、“さあ、追い詰められた私を見に来い”とある。流行事に線引きするような創造主の彼女が、流行病のインフルエンザで床に伏せてから早1ヶ月の延期公演。「自己管理がなってなくてすいません。」そう、音楽性が“今風”でなくても、彼女は普通に現代っ子なのだ。立ち上がり「狼」?「真夜中」と淡々と空気を重く引っ張り世界観を創っていく。が、間奏の雄叫びから一転、魂がはじけ飛びだす。葛藤と不信、そして奥底に眠る素直で純朴な感覚が、ブレンドの仕方で狂気に映ったり、口当たり良く混ざれば、ファンタジー感で頭を撫でてあげたくもなる。そんな、間々田優という曖昧な想いがドキドキを煽り揺さぶる。「原点に戻る感じで、今日から時間を回し始めたい」。演るはずで演れなかった曲達が、表現者の復活に新たな息吹の色を添え綴られていく。唐突にクラップを求めたり、ステージの前っツラで客に迫ったり、一人芝居のように体表現で舞ってみたり、決して上手いと言えない口笛を奏でたり、叫びに似た生歌だったり、客中を走り回ったり… あがきとも思えるその姿は“生きようとする、生きもの”として、原始のDNAを刺激し、伏せたがる現実を叩き付ける。商売とは言い難い代物“間々田優”。だからこそ、“光”として存在するのも確かだろう。いつの世も人は未完成で、本音が心を掻きむしるもんだ。ぼそっと「本音過ぎて恥ずかしいけど..」と告げ最後に披露したのは、追いつめられた前夜、眠れずに作ったという新曲だった。“歌い続ける、これから..”の意思表明。
間々田優 プロフィール

ママダ ユウ:茨城県出身の女性ソロシンガーソングライター。08年11月にリリースされた1stフルアルバム『嘘と夢と何か』での生々しい表現が話題を呼び、一気に名と音を広めた。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着