【BEAT CRUSADERS】BEAT CRUSADERS
ZEPP TOKYO 2009年3月28日

撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)/取材:高木智史

6月10日にリリースされるDVDに収録されるビークル初主演(!?)の告知映像がスタート時間きっかりに流れ始め、豪華アーティスト陣のキャストにざわめく超満員の会場。SEが流れ、メンバーがステップを踏みながら登場すると、2階席までオールスタンディングとなり、大歓声の中始まった。そのDVDでのライヴ映像収録でカメラが入っていることもあるが、あり得ないくらいの大熱狂。1曲目から疾走するビートに野太い“オイ”コールが巻き起こり、モッシュが舞う。ヒダカトオル(Gu&Vo)は“DVDになるからタロウがスベっても笑って!”とDVDを意識した発言をしながらもギターを弾き歌いながら、観客を手振り身振りでアジる。そんなカトウタロウ(Gu&Vo&Cho)は“嫁が来てるから、良いところ見せたいんですよ”と興奮気味だったが、この日もやっぱりスベり、苦し紛れのダジャレで笑いをとり、編集が大変だろうなと思うくらいの“おま○コール”でアジる(ABBAの「DANCING QUEEN」では見事な声量にびっくり!)。ベストアルバム『VERY BEST CRUSADERS』をリリースしたこともあり、代表曲オンパレードのセットリストで、大合唱が何度も起こり、爆発を幾度も繰り返す凄まじいアクトだった。そんな最高のサタデーナイトにアンコールは2度起こり、ヒダカは驚いて“エルレとかホルモンと勘違いしてない?”とぽろり。しかし、その両者を足しても見れないくらいの最高の興奮と笑いがこの会場にはあった。最後は踊りまくった熱い会場の中、ヒダカが“じゃあ、僕らイギリスに帰ります。オエイシスでした”と笑いと拍手で締め括ったのだった。
BEAT CRUSADERS プロフィール

結成当初は、hidaka(vo&g)と岩原幸夫の2人組のユニットだった“ビークル”ことBEAT CRUSADERS。岩原が脱退後、hidaka(vo&g)、thai(key&vo)、umu(b&vo)、araki(dr&vo)の4人で活動をスタート。メンバー全員、公の場では張りぼてチックなお面をあてがって登場し、決して素顔を見せない(ライヴは例外)。下ネタコール(ここでは書けない言葉だが…)は、彼らのライヴではお決まり。

そんな彼らは99年、<LASTRUM>より1stシングル「NEVER POP ENOUGH e.p.」でシーンに現れ、パンク/メロコア/スカコアを全てぶち込んで作り上げたパワー・ポップを展開。ラウドなギターが鳴り響くなか、センチメンタルなメロディが押し寄せる楽曲は、ウィーザーのようなバンド像を彷彿させ、耳の肥えた洋楽リスナーにも高い支持を得た。また同年のコンピ盤『特撮狂』で「秘密戦隊ゴレンジャー」をカヴァーするなど茶目っ気もたっぷりだ。以降、スタジオ・ワークと共に精力的なライヴ活動を展開し、01年にアメリカ西海岸ツアー、02年にはオーストラリア・ツアーも行なっている。4枚のアルバムを発表し、ミュージシャン/リスナーからアツい支持を獲得していたビークルだが、03年8月をもってhidaka以外のメンバーが脱退することに。

だが心機一転、同年末にレーベルを<CAPTAIN HOUSE>に移し、ヒダカトオル(vo&g)、クボタマサヒコ(ba)、カトウタロウ(g)、マシータ(dr)、ケイタイモ(key)の5人編成となって活動を再スタート。04年6月にはメジャー・レーベル<DefSTAR RECORDS>へ移籍し、大人気バンド漫画をアニメ化した『BECK』の音楽監修を担当するなど、仮面の下に隠した才能が大爆発した。が、シングル8枚、オリジナル・アルバム3枚、ミニ・アルバム4枚をリリースした後、10年6月6日午前6時6分6秒、オフィシャル・サイト上で9月4日を以って解散ならぬ「散開」することを発表。現状5人で演れることは、ほぼ演り切ったからとのこと。今後はそれぞれ音楽に勤しんでいくようなので、個々の活動に期待したい。BEAT CRUSADERS Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着