【彩冷える-ayabie-】彩冷える-ayab
ie- 新木場STUDIO COAST 2009年4月1

撮影:品川光司/取材:ジャガー

5月27日にメジャーデビューを控える、彩冷える-ayabie-。インディーズツアーの最終日、キャッチーな楽曲と見応えのあるステージングに磨きがかかり、早くもメジャーを意識した気合いが感じられた。 打ち込みとバンドサウンドが融合する「TheMe」からスタートしたライヴは、軽快なメロディーに合わせて色鮮やかに変化する照明がより楽曲の持つ世界観を盛り立てるなど、視覚からも楽しませてくれる。また、歌謡曲テイストの「ハレノヒ」で見せる妖艶な彼らの振る舞いに心惹かれてしまう…キャッチーで聴きやすいだけでなく、彼らの楽曲は観客のいろんな感情を刺激するのだ。メジャーデビュー曲となる「会いたくて」も“会いたくて ただ会いたくて”というサビ、葵(Vo)のささやくような物悲しげな歌声が耳に残った。「七色の空のオクターブ」で本編は終了するも、まだまだライヴは終わらない。アンコールでは、男女のすれ違いを歌った「桜舞う季節に」に観客は酔いしれたり、新曲では初めて聴くにもかかわらず自然とリズムに合わせて踊る姿が目立った。 さらにダブルアンコール! 今日が誕生日だという葵に内緒でメンバーがケーキを持って祝福する場面も! せっかく次の曲へいく気だったのにと口にはするものの、本人の表情からは笑みがこぼれていた。微笑ましいバンド愛も十分に堪能できたところでツアーの幕は閉じた。 ライヴ終了後“お前らも全力でついてこいよ”と力強い言葉を残し、彩冷える-ayabie-は新たなフィールドへ突き進むのだった。
彩冷える-ayabie- プロフィール

アヤビエ:2004年5月に結成。シングル「会いたくて」で、満を持してメジャーデビューを果たす。葵(Vo)が作詞、その他メンバー4人ともに作曲を手がけ、それぞれの個性を持ち合わせ彩冷えるーayabieーサウンドを構築している。彩冷える-ayabie- オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着