【メリー】メリー 中野サンプラザ 2
009年4月30日

撮影:深港まゆみ/取材:ジャガー

“本能で最高に楽しめた”と締め括った結生(Gu)の言葉が、本ツアーの成功を物語っているのではないだろうか。ツアー目前、フロントマンのガラが腰を痛めるというアクシデントに見舞われながらも、初日から今日のファイナルまで駆け抜けてきた5人。舞台に立つその姿はとても逞しく、逆境に身を置くことで改めて感じることも大きかったに違いない。 爆音で「GI・GO」が鳴り響いたオープニング、スクリーンに映る映像に釘付けになっていると幕が落とされ、5人をはっきりと確認! 闘いの時を知らせた。「Friction XXXX」「Midnight Shangrila」「妄想rendez-vous」と轟然たるサウンドをリズム隊が刻めば、凛とした気高さを2本のギターが、叫びにも近いガラの歌声は観客を威嚇したりと早々に狂宴を繰り広げる。メリーは獣化し、限界など毛頭ない勢いで突き進む。そんな彼らのステージに会場中が感化され、一心不乱に応戦する。今まで抱いていた妖艶なメリー像は打ち壊されたが、互いに一歩も引かない攻防戦は最新アルバム『アンダーワールド』の最高形を生み出すには必要なことであると確信。そう思えた瞬間、この空間に居合わせることができたことへの喜びに身震いする自分がいた。2回のアンコールを含め、終始攻めの姿勢を崩さなかったメリーへの温かな拍手はなかなか鳴り止むことはなかった。 冒頭でも言ったように、彼らは自分たちの限界など一切気にしていない。沸き立つ想いをだたぶつけるのみ…そんな破壊的なステージングにパンク魂なるものを感じられるからこそ、こんなにも多くの人間が魅了されるのだ。
メリー プロフィール

メリー:2001年10月に結成。昭和歌謡的な叙情旋律や欧米発のロックなどを様々に融合させた個性的な世界観により、インディーズシーンのみならず、著名ミュージシャンからも注目される存在に。2005年にメジャー進出した後も精力的なライヴを行なっており、型にハマらない活動がそのままバンドのコンセプトにもなっている。メリー Official Website
Merryオフィシャルサイト
メリーオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着