【カラーボトル】カラーボトル Shib
uya O-WEST 2009年6月28日

撮影:岸 綱紀/text:ジャガー

約半年振りの東京でのワンマンライヴ。チケットはソールドアウトし、いかにこの日が心待ちにされていたかがうかがえる。ステージを覆う幕にメンバーのシルエットが映し出され、竹森マサユキ(Vo)が高々と拳を突き上げ始まりの時を告げると、躍動的なバンドサウンドが爆発! カラーボトル史に刻まれるであろうアグレッシブさでの、ロックバンドとしての個性が色濃く打ち出された厳選13曲のフルコース。彼らがさらなる高みを見据えていることがひしひしと伝わってきた。新曲「合鍵」や「サヨナラ」といった情景が目に浮かぶ切ない歌も、ライヴでしか味わえない空気感や振動、熱量のおかげで深い感銘を受けた。9月26日には渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライヴも決定し、彼らはさらに勢い付けて駆け上っていくことだろう。
カラーボトル プロフィール

仙台出身の4人組ロック・バンド。メンバーは竹森マサユキ(vo、g)、渡辺アキラ(g)、穐元タイチ(b)、大川“Z”純司(dr)の4人。
ヴォーカルの竹森を中心として、04年にバンド結成。同年、新星堂オーディション『CHANCE!!』04年大会に東北・北海道代表として出場、準グランプリ/ベストボーカリスト賞を獲得。05年には1stミニ・アルバム『感情サミット』をインディーズ・リリース。さらに翌06年には2ndミニ・アルバム『to be or not to be』を発表し、インディーズ・シーンでめきめきと頭角を表していく。
07年、メジャー・デビュー作となる3rdミニ・アルバム『彩色メモリー』を<ドリーミュージック>よりリリース。インディーズ時代の名曲「グッバイ・ボーイ」のライヴ・ヴァージョンを含むこの作品によって、メジャー・シーンにもその存在感をアピールすることになる。
「老若男女幅広く、響く!伝える!届く!『お茶の間ロック』サウンド」が合言葉の彼ら。そのシンプルかつストレートなロック・サウンドは仙台から日本国内へと支持層を拡げている。カラーボトル Website
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着