取材:ジャガー

 MC TOCが言った、“大人が本気で遊ぶと仕事になる”。自分たちが楽しめるもの、心揺さぶられるものでないとHilcrhymeの音楽として発信しない。それが彼らにとって本気で遊ぶことであり、オーディエンスを喜ばせる手段なのだ。メジャーに活動の場を広げてから初となる東京ワンマンのステージは、1曲目から「Little Samba~情熱の金曜日~」といったアッパーチューンで会場を盛り上げ、中盤「もうバイバイ」からの3曲ではベースとドラムが加わったバンド形態で振り幅の広さも見せた。ラストナンバーの「春夏秋冬」になると、ここまでの空気感を一掃。飾らない素直な気持ちが綴られたリリックと壮大なスケールに仕上がったサウンドが見事に合致し、聴き手の想像力を掻き立てる。もっと楽しんでもらいたいとの気持ちから1曲追加してのアンコールを含め、本気の彼らを強く感じることができた。
Hilcrhyme プロフィール

ヒルクライム:MCのTOCとDJ KATSUによるラップ・ユニット。2006年始動。09年7月15日にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒット、人気を不動のものとし、その年の各新人賞を総ナメ。そして、デビュー5周年となる14年には9月に初の日本武道館公演を大成功させた。ブレることなく、地元新潟に在住しながら音楽活動を続け、16年6月9日に結成10周年を迎え、17年3月には10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を成功させた。Hilcrhyme オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』