撮影:wataru umeda/取材:高木智史

20曲近くをおよそ2時間かけて演奏するワンマンライヴにすっかり見慣れてしまった僕だが、このPragueのデビューシングル「Slow Down」のレコ発ライヴは9曲、およそ1時間弱。だが、彼らがライヴで観せようとしたものは曲数の多さ、時間の長さが問題ではなかった。何せ、トピックスが多い。金野倫仁(Ba)と伊東賢佑(Dr)による、ブラックミュージックを彷彿とさせるグルービーなビート。そこに乗る鈴木雄太(Vo&Gu)の歪んだギターのサウンド、リフがロックバンドとしての主張もしている。加えて、時折感じる彼の歌謡曲的な歌い回しのあるヴォーカルと歌詞に込めた反骨精神。決して異なる3つのバンドの音楽性を言ってるのではなく、これらがもれなくPragueの楽曲の中にあった。“何だこれ!? でもノれるし、歌詞も気になる”。初めて彼らのライヴを観た人はこう思うかもしれない。シンプルなサウンドで歌を前面に押し上げた「Roam」。12月9日に2ndシングルとしてリリースされる「Light Infection」はとにかくドラムが重く、ベースもブンブン鳴っている。ギターもハイボルテージで掻き鳴らされ、その中毒性も瞬発力もあるロックに打ちのめされた。そして、彼らがこのステージに立つことになったロックとファンクが融合した「Slow Down」など、多様な楽曲に終始、体は揺れながらも驚いた。加えて、終盤の伊東のMCでは“面白いことをMCで話すのがモットーでして”と自分でハードルを上げながらも、小粋なネタで笑いを取る。音楽性はもちろん、そのキャラクターも貪欲というか、シンプルに欲張りというか、野心の表れというか、Pragueには果てがない。
Prague プロフィール

鈴木雄太(vo&g)、金野倫仁(b)、伊東賢佑(dr)から成る関東出身のモダン・スリーピース・ロック・バンド、Prague(プラハ)。高校で3年間同じクラス、軽音楽部、プライベートも一緒にいた腐れ縁の鈴木と伊東の二人が、同じ音楽専門学校に進み、06年に金野と出会い結成。

自主制作盤を2枚出したところでレコード会社の目にとまり、09年9月に<キューンレコード>から1stシングル「Slow Down」でメジャー・デビュー。ジャンルを跨ぎながらもスタイルの海に溺れることなく軽やかに舞おうとするバンド・スタンスが特徴である。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着