【間々田優】『事が起こるその前に』
2009年11月23日 at 原宿アストロホー

取材:編集部

のっけから洒落っ気で炸裂。スクリーンに放たれた前座刺客は、2次元グラドルB88 W59 H89のナイスバディ“ままゆう”。もちろん、曲は「アイドル」。先日アプローチされたアルバム『予感』からのキラーチューンだ。昭和歌謡チックなイントロに乗り、歌い出てくるは3次元の間々田。ギャップを感じさせず弾けまくり、“今日はハメはずしていこうぜぇ~!”と煽りを入れ妄想を吹き飛ばす。続くは「ロスタイム」。間々田節ど真ん中だ。だけど、打って変わって艶っぽくて、ちょい惚れ。そして、「ボーダー」。“どんなに心がひとりになっても、ひとりじゃなかったね”と締め括る歌。“みんなと私をつなぐ曲です、声をください..”と淋しがりの一体感を求めて合唱。と、幕開けの3曲だけで女心のバイブレーション満載。人生劇場に間々田優が佇む。だが、そんな多重人格性アプローチの振り切りが彼女のバランスを保ち、歌心の独創性を生み出す根源でもある。有り余る才能は“この曲”という形で感情パーツに分散され、一曲だけではスタイルを掴めない。その後も試行錯誤の感情論が矢継ぎ早に披露されていく。彼女が発する衝動は、今時の“頑張ろうソング”ではない。勝手な解釈だけど、もがいて自分探しに頑張ってるのは間々田自身で、相手に残すのは、頑張れの思わせ返し“ひとひらの勇気”なのかと…。パーツの紡ぎは、本編ラストの「夕」で間々田優の人型を成す。そして、彼女のステージにソデに戻ってのアンコール出はない。贈物として、新たなパーツ「二人のビッグショー」で会場を沸かせ、自分の壁と向き合えたと感じられる「カコ」で想いを遂げ、明日の間々田優へと歩き出し、締め切った。

セットリスト

  1. アイドル
  2. ロスタイム
  3. ボーダー
  4. めんどい
  5. クリーム
  6. ダリ
  7. 3つ
  8. 真夜中
  9. 髪の毛
  10. 小さなお姫さまの歌
  11. ニュース
  12. HOME SWEET HOME
  13. 〈贈物1〉 二人のビッグショー
  14. 〈贈物2〉 カコ
間々田優 プロフィール

ママダ ユウ:茨城県出身の女性ソロシンガーソングライター。08年11月にリリースされた1stフルアルバム『嘘と夢と何か』での生々しい表現が話題を呼び、一気に名と音を広めた。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着