【DUSTZ】『DUSTZ 2009 FINAL ONE M
AN LIVE Brilliant Day』2009年12月
22日 at SHIBUYA BOXX

撮影:中村功(TWEETY)/取材:土内 昇

1曲目を飾ったのはシャンソンのスタンダード「Ca, c'est Paris」。もちろん、アグレッシブなDUSTZバージョンに生まれ変わっており、その後もハイブリッドなナンバーで会場の床を揺らし続ける。そして、タイトなリズムを刻むNaokiのドラム、重量感のあるグルーブを生むGusのベース、攻撃的に攻め立てるKenTのギター、感情派で熱唱系のRayのヴォーカル…それぞれのキャラが立ったステージングと、スリリングなサウンドで客席を酔わせていった。また、2009年はメジャー進出を果たし、彼らにとっては飛躍の年。エフェクティブな2ndシングル「Brilliant Day」が中盤のフックとなり、メジャーデビュー曲「Break & Peace」のパワフルなサウンドで本編を締め括るなど、この1年間での成長を観せ付けたライヴだったとも言えるだろう。

セットリスト

  1. Ca, c'est Paris ! ( DUSTZ Version )
  2. Future
  3. Border Line
  4. FLY
  5. Never Again
  6. I.D
  7. Kid Dream
  8. Rain
  9. Void
  10. Brilliant Day
  11. ENDLESS BLUE
  12. The Way
  13. Hands Up!
  14. Space Trip
  15. Break & Peace
  16. Lapis lazuli
  17. HIKARI
DUSTZ プロフィール

ダスツ:2005年結成、07年に現在のメンバーが揃う。ストリート感あふれたミクスチャーロックを武器に、ライヴメインの活動を展開し、09年5月にシングル「Break&Peace」でメジャーデビューを果たす。10年ドラムが脱退し、現在の3人体制となった。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着