【10-FEET】『10-FEET ”Life is sw
eet” TOUR 2009-2010 FINAL SERIES
』2010年3月22日 at Zepp Tokyo

撮影:みやざきまゆみ/取材:石田博嗣

100パーセントのものを創ろうとするなら120の力を要する。だからこそ、彼らは1曲目からフルスロットルでライヴに挑むのだ。もちろん、“彼ら”とは10-FEETであり、この場に集ったオーディエンスのことである。ただ、ライヴというかたちのないものにおいて、100パーセントとは演奏の出来うんぬんではない。終演後にお互いがどれだけ感動できたか、全てを吐き出せたか、明日に向う力が得られたか…ということだ。また、18日のライヴでお客さんのひとりが病院に運ばれて今も入院中だということで、開演前にメンバーの口から安全についての注意であり、想いが告げられた。そういう意味では、いつも以上に気持ちが入っていたのかもしれない。初っぱなから「super stomper」「VIBES BY VIBES」…とハイテンションのナンバーを全力でプレイしていたし、それに対してオーディエンスも全力で呼応していた。序盤にして両者のテンションがマックスに達していたことは言うまでもなく、ネガティブな感情と闘う者の心の叫びがメッセージとなって響く「LICENSE」や「1sec.」などで一体感を築きながら、終盤を迎える頃には巨大なエネルギーの塊が場内を支配していた。そんな中、本当に伝えたいことは、マイクを使わずに生声で話していたTAKUMA(Vo&Gu)。“分かってるよ、それぞれ大変なことは。でも、目の前の壁を壊さないと幸せにはなれない。闘えー!”などの彼の真っすぐな言葉であったり、その気持ちが客席に届いていたことは、ライヴを観ていて肌で感じ取れた。双方向でつながり合えるライヴで全力を注ぎ合うからこその絶対的なコミュニケーションが、この場所にはあったということだ。

セットリスト

  1. super stomper
  2. VIBES BY VIBES
  3. チャイニーズ・ヒーロー
  4. STONE COLD BREAK
  5. What's up?
  6. U
  7. JUST A FALSE! JUST A HOLE!
  8. Freedom
  9. SHOES
  10. Mr. bullshit
  11. LICENSE
  12. SEASIDE CHAIR
  13. recollection
  14. under the umber shine
  15. quiet
  16. FELLOWS 1.5
  17. BE NOTHING
  18. 1sec.
  19. LOODY
  20. AND HUG
  21. 21,RIVER
  22. back to the sunset
  23. ライオン
  24. 2%
  25. goes on
  26. FUTURE
  27. joker stomper
  28. HEY!
  29. CHERRY BLOSSOM
  30. 4REST
10-FEET プロフィール

テン・フィート:1997年に京都で結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルではすでに括ることのできないその音楽性は、ロック、パンク、ヘヴィメタル、レゲエ、ヒップホップ、ギターポップ等のジャンルを10-FEET 流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ロックシーンで確かな存在感を示している。また、年間約100 本近い精力的なライヴ活動も、その迫力満載のライヴパフォーマンス、人間味あふれる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振り撒き、エンターテイナー性あふれるその活動スタイルを徹底している。また、2007年から自身で主催する野外フェス『京都大作戦』(2007年は台風の接近のため中止)も大成功におさめている。10-FEET オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着