【12012】『12012 SPRING TOUR 2010
「TATTOO -the name of decision-」
』2010年4月11日 at SHIBUYA-AX

撮影:平沼久奈/取材:土内 昇

シングル「TATTOO」を引っ提げての東名阪ツアーの最終日。同シングルの取材時に“12012の決意を象徴する曲ができた”と語っていただけに、まさに今後の彼らの姿勢が垣間見れるライヴだった言える。「vomit」で始まり、本編ラストの「薄紅と雨」まで約1時間。川内 亨(Dr)の誕生日を祝うサプライズ企画もあったアンコールを含めても2時間弱。しかし、十分に観応え、聴き応えがあった。ある意味、それが「TATTOO」で示した決意の結果だ。
 ライヴは1曲目からアグレッシブに攻め立てたが、このオープニングを飾った「vomit」からして曲者だった。攻撃的ではあるものの重厚なグルーブで客席を揺るがすナンバーであり、のっけからディープな音空間を作り上げたのである。そして、その後も狂気性と緊迫感を秘めたグルービーなナンバーが続き、各パートの饒舌なアンサンブルでもってオーディエンスをさらなる音の深層へといざなっていく。そんな世界を構築するためなのか、あえて最近の華やかな楽曲を排除するかのように、ヒステリックかつヘヴィなインディーズ時代のナンバーが多くプレイされたことも特筆すべきところ。もちろん、それは原点回帰や初期衝動の再燃などではない。そのことは中盤で披露された「TATTOO」の5人が放つ音像と感情が絡み合うドラマチックな展開が物語っている。今年1発目のライヴでも“2010年は濃厚をテーマにやっていこうと思っている”と言っていたが、このスタイルが彼らの現在進行形なのだ。夏に控えている全国ツアーの前にアルバムを出したいとも語っていたが、確実に今、12012は変わろうとしている…。

セットリスト

  1. vomit
  2. crazy the city
  3. breaking the modern society
  4. DISPUTE
  5. icy ~cold city~
  6. TATTOO
  7. deep forest 9.As
  8. Heavenly
  9. 「6」party
  10. Silhouette
  11. 浸色
  12. 薄紅と雨
  13. 新曲
  14. 灰降ル躰
  15. サイクロン 2.SHINE
12012 プロフィール

宮脇渉(Vo)、酒井洋明(G)、須賀憂介(G)、塩谷朋之(B)、川内亨(Dr)のメンバーからなる5人組ロック・バンド。「人間の内面における狂気」というコンセプトのもと03年5月に結成。03年7月に1stシングル「depression sign」でインディーズ・デビュー。大阪を拠点として数々のライヴに出演、不定期ではあるが江坂BOOMIN HALLにて主催イベント『Formal≠Normal』を開催し、ヴィジュアル好きのファンのみならずロック・ファンをも虜にしていく。インディーズでシングル8枚、ミニ・アルバム5枚、1stフル・アルバム、裏ベストを発表後、Dir en greyやkannivalismなどが在籍する<フリーウィル>に所属事務所を移籍。

07年6月には、<ユニバーサルミュージック>から1stシングル「CYCLONE」をリリースし念願のメジャー・デビューを果たす。ロサンジェルス市警の“犯人凶器所持”という暗号から引用されたバンド名“12012”が示すように、危険性を匂わせる彼らのステージは、日本のみではなく米国を中心に欧米にまでその支持を拡大している。12012Official Website
12012 Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着