【Aqua Timez】『Music 4 Music tou
r 2010』2010年4月29日 at NHKホール

撮影:古渓一道/取材:編集部

ほっといても時間は経つが、作品に込めた普遍のテーマは永遠で歳をとらない。ツアー24ラウンドのファイナル。GW初日、少年少女が客席を埋め尽くす。メンバー入り、持ち上がる歓声を尻目に太志(Vo)がアカペラ的に静かに立ち上げる。ファンの勢いが一瞬止まるが、曲は分かってる「ALONES」だ。イントロが鳴るや抑制されたボルテージがあふれ出す。“CLAP YOUR HANDS!”と太志が煽りをくれ、アドレナリンを注入されたファンは連射される曲に興奮で応える。5年前を振り返ったMCで“初めてCDが店に並んで買いに行きました。この曲は変わらずに背伸びをしない!”(太志)と歌った「等身大のラブソング」は序盤戦の肝となった。彼らを一気にメジャーシーンへと押し上げた名曲。露出の多い彼らは、一見ポップバンドの印象を強く感じさせるが、実はそうではない。ポピュラーという意味が“心の揺れ”にあり奥深い。後悔と感謝、理性と感情、夢と現実、常に背中合わせに歩いてる、心というファジーな厄介者の扱いが卓越しているのだ。「小さな掌」「決意の朝に」「白い森」、この3曲への導入部で語ったポエトリーリーディングからは、特有の心の汗が痛いほどに伝わってきた。がむしゃらを超えた今、“ありがとう”の言葉をメンバー各自が口にするが、mayuko(key)は逆に“みんなのありがとうが伝わってくる”と何でもないMCで一瞬、感極まり涙ぐむ場面まであった。後半戦は、バンドのライヴではよく見かける光景。つまり、興奮のるつぼ。タオルぶんぶん振り回すは、暴れ回って幕を閉じた。「決意の朝に」の一節“辛いとき辛いと言えたら いいのになぁ”。本当に、そう思う。

セットリスト

  1. ALONES
  2. 最後まで
  3. シャボン玉Days
  4. 等身大のラブソング
  5. 小さな掌
  6. 千の夜をこえて
  7. STAY GOLD
  8. いつもいっしょ 9.向日葵
  9. 絵はがきの春
  10. 決意の朝に
  11. 歩み
  12. 星の見えない夜
  13. 一瞬の塵
  14. Velonica
  15. 自転車
  16. 白い森
  17. 上昇気流
  18. 長すぎた夜に
Aqua Timez プロフィール

アクアタイムズ:2003年結成。05年8月にリリースされたインディーズ1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』に収録された「等身大のラブソング」が注目され、80万枚の大ヒット、ウィークリーオリコンランキングで1位を獲得する。06年4月にはEPICレコードより2ndミニアルバム『七色の落書き』をリリースし、09年10月に発表した初のベストアルバム『The BEST of Aqua Timez』がウィークリーアルバムランキング初登場1位を記録し、史上初となるインディーズ、メジャー両時代での総合首位を獲得した。Aqua Timez オフィシャルHP
Epic Records Japan

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着