【藤田麻衣子】『ツアー2010 ~さわ
って~』2010年5月7日 at C.C.Lemon
ホール

撮影:齋藤槙治、佐々木恭平/取材:高木智史

仙台、大阪、名古屋と行なってきたツアーのファイナル。会場は彼女にとっては最大のキャパとなるC.C.Lemonホールだ。デビュー前は小さなライヴハウスでライヴ活動していた彼女。だが、今では多くのファン、スタッフ、両親に支えられC.C.Lemonホールにまで辿り着いた。バンド、チェロ、バイオリンをバックに揚々と手を振りながらアップテンポの「Girls Shopping」を歌ったり、「触って」は彼女が弾くキーボードのみで披露。離れていく恋人への想いや感情を曝け出して歌う姿に、会場はただ聴き入る。終盤、両親へ宛てた「あなたが教えてくれたこと」の前に彼女は涙ながらに“どこまで行けるか、試してみたいの”と語った。それは両親への言葉だったが、ファンひとりひとりの胸にも届き、ラストはスタンディングオベーションが起こる。藤田麻衣子の道はまたここから大きく開かれた。

セットリスト

  1. 君が呼ぶのなら
  2. 未来を
  3. ずっと続いていくもの
  4. 友達
  5. Girls Shopping
  6. 写真
  7. パンジー
  8. 触って
  9. 恋に落ちて
  10. 運命の人
  11. ベイブリッジ
  12. 今でもあなたが
  13. 二人の彼
  14. あなたが教えてくれたこと
  15. 土曜日、ゆずらない私
  16. 君が手を伸ばす先に
  17. もう一度
  18. あなたは幸せになる
藤田麻衣子 プロフィール

フジタマイコ:2006年9月、シングル「恋に落ちて」でCDデビュー。全ての楽曲で自らが作詞作曲を手がけており、恋愛ソング・応援ソングがTVCMをはじめとした多くのタイアップに起用されている。近年はテレビ番組『はじめてのおつかい』のオリジナル挿入歌にも楽曲が起用され話題に。アーティストへの楽曲提供も数々行なっている。透き通った歌声、歌詞への共感、ドラマチックなメロディーで、ライヴ会場では涙する人も多い。ライヴに訪れる約7割が女性ファンと、特に同性から高い支持を得ている。藤田麻衣子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着