【HHR THRILL LOUNGE】『HHR THRILL
LOUNGE TOUR 2010 [KING OF THRILL
] TOUR FINAL!』2010年5月28日 at S
hibuya O-Crest

取材:石田博嗣

オープニングナンバーは「DRY」。イントロダクションで繰り返されるビートが徐々に熱を帯び始め、今井秀明(Gu&Vo)の操るギターが客席を挑発する。すぐさまフロアは大きく揺れ始め、続く「トカゲ」の頃には観客はヒートアップしていた。横並びに配置されたベース、ギター、ドラムはそれだけで十分に観る者に威圧感を与えるが、プレイヤーの感情と直結した音像が緊迫感を持って絡み合い、場内のテンションを加速度的に引き上げていく。ベースのダイナミックなうねり、ドラムのクールなビート、ギターの攻撃的なリフ…3ピースだからこその隙が許されないサウンドは尋常でないグルーブを放ち、会場中に熱気を充満させるのに時間はかからなかった。そして、矢継ぎ早に繰り出されるニューアルバム『KING』からのナンバー。バンドとしての熟成度も振り幅も増したスリリングな楽曲が、さらに観客を深く酔わせたことは言うまでもない。熱烈なアンコールにも応え、ラストの「カーロス・ヴィシャス」で終演を迎えた時には、興奮度満点のロックンロールに完全燃焼したメンバーと観客の姿があった。

セットリスト

  1. DRY
  2. トカゲ
  3. キングスネークスパゲッティ
  4. チャリ
  5. 誰が光に闇を落とした
  6. クラッシュ
  7. コココ
  8. ルーシーの太陽
  9. ハッピーアワー
  10. カーロス・ヴィシャス
HHR THRILL LOUNGE プロフィール

横道坊主のギタリストでありメインソングライターの今井秀明が、永渕英男(Bass/ex.CRY-叫-)と向井玲子(Drums/ex.バリルブロンコ)と共に立ち上げた轟音3ピースバンド。2005年12月、某ライブハウスで行われたシークレットギグにてライブデビュー。
2006年11月22日、ファーストアルバム「Hiss」発売。ライブを重ねる毎にバンドの評価を上げ、特に2007年10月25日に渋谷O-EASTで行われた大ヒット映画『クローズZERO』(原作:高橋ヒロシ/監督:三池崇史/出演:小栗旬、山田孝之、黒木メイサ)のライブイベント【CROWS NIGHT TOKYO】でオーディエンスに強烈な印象を与える。ライブ活動も勢力的に行なう中、2008年3月5日には2ndアルバム「誰が光に闇を落とした」、2009年12月12日に待望の3rdアルバム「KING」リリース。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着