【瓜生明希葉】『No.SOUK』2010年5月
28日 at duo MUSIC EXCHANGE

取材:ジャガー

前のめりになって騒ぐわけではないけれど、心沸き立つこの感じ。ひとつひとつの音を確認していくように、大切に奏でられる楽曲たちが目映く輝き、聴き手の胸を高鳴らす。ニューアルバム『In the souk』は、ミュージカルを彷彿させるような壮大なスケール観があるものからキャッチーなものまで瓜生明希葉のグッとくる音楽を凝縮した一枚。“幸せになるには多くのアイテムが必要なわけじゃない。どんな些細なことでも幸せだと思える心があれば一番安らかだ”と語り、その想いを詰め込んだ新作からの楽曲を基軸に行なわれたワンマンライヴは、実に色彩鮮やかでその場にいた人々の心を豊かにした。巧みなニュアンスで歌の世界観を表現する彼女は、しっとりと歌を聴かせることの他、「ROUTE66」ではテンションを開放。ノリの良さに観客もスタンディングでクラップし、新たな一面を垣間見ることができた。

セットリスト

  1. tool mouth
  2. 指先のハチミツで
  3. サークルライン
  4. natural woman
  5. ボンヌママンを持って
  6. フレグランス
  7. なにやってんの
  8. 水玉ドレス
  9. シロツメ草
  10. SFW
  11. door’s
  12. 合間のくちづけ
  13. escape on Monday
  14. manhhatan
  15. ストロボ
  16. ROUTE66
  17. Gift
  18. a piece of laughing
  19. バイバイ、メランコリー!
  20. 違う夜
  21. Endless story
瓜生明希葉 プロフィール

ウリュウアキハ:幼い頃からピアノと過ごし、感情表現のひとつとして楽曲制作を開始。少女と女性が複雑に入り混じった心情が支持される。5/28(金)東京・渋谷DUO MUSIC EXCHANGEにてワンマンライヴが決定!オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着