【渡辺美里】『美里祭り2010 Song i
s Beautiful Party! Party! ~富士山
河口湖Ver.~』2010年8月29日 at 河
口湖ステラシアター

撮影:鈴木 心/取材:浅野保志

デビュー25周年を迎えた渡辺美里が『美里祭り2010 Song is Beautiful Party! Party!~富士山河口湖Ver.~』と題したライヴを開催した。ステージの真正面に富士山がそびえ、急勾配ですり鉢状に客席が連なる会場に、美里の登場とともに思わず耳をおおってしまうほどの大歓声が降り注ぐ。
 1stアルバムに収録された「SOMEWHERE」~「GROWIN’ UP」で始まる選曲から25年の道程をじっくり表現しようという心意気が伝わる。先がけて8月25日にリリースされたアルバムボックス『Wonderful Moments 25th』の話題に触れたあとに披露されたメドレーは圧巻! なんと全25曲、30分を超えるパフォーマンスで、ファンにとって美里とともに過ごした自分の半生も蘇ってくるほどの迫力と説得力に満ちていた。“この曲に出会えてよかった”と前置きされて歌われた「始まりの詩、あなたへ」の心に染み入るようなヴォーカルが秀逸。そして、小学校の同級生だったというエピソードとともに登場したスペシャルゲストのピアニスト・塩谷 哲との弾き語りで「ランナー」と「素顔」。幼なじみが互いにリスペクトを持ってステージに上がるシーンに胸が熱くなる。
 さらにはTOKYO FMのラジオドラマ『あ、安部礼司』のナレーションに続いて「春の日 夏の陽 日曜日」も聴かせてくれた。最新シングル「ニューワールド~新しい世界へと~」に美里が込めた想いがステージから放たれ、それをとびきりの笑顔で満喫する観客を眺めていると、これまでの歳月に安住することなく、これからの将来をともに力強く歩いていく絆のようなものが感じられた。「サマータイムブルース」で熱狂のうちに本編が終了。あふれる感情に高ぶる観客の拍手とウェーブに促されてアンコール。
 圧倒的に人気の高い名曲「10 years」も、塩谷 哲が参加することでまた新たな曲の魅力に気付かされた。「My Revolution」で場内のボルテージは最高潮に。夢のようなひとときの最後に届けられたのは「サンキュ」。演奏の途中でステージの壁が開く。そこに仕掛けられたたくさんの花火が打ち上げられ、美里もバンドメンバーもステージにしゃがみこんで観客と一緒に花火鑑賞。2010年の夏、25周年の夏、同じ花火を同じ想いで見上げた記憶は、ファンの一生の宝物になるんだろうなぁと思った。

セットリスト

  1. SOMEWHERE
  2. GROWIN’ UP
  3. 世界で一番遠い場所
  4. 夏が来た!
  5. 悲しいボーイフレンド
  6. Song is Beautiful メドレー25
  7. 始まりの詩、あなたへ
  8. ランナー(W/塩谷 哲)
  9. 素顔(W/塩谷 哲)
  10. 塩谷 哲 楽曲
  11. 春の日 夏の陽 日曜日
  12. ニューワールド~新しい世界へと~
  13. ムーンライトダンス(うたの木Vir.)
  14. パイナップルロマンス
  15. チェリーが3つ並ばない
  16. すき
  17. サマータイムブルース
  18. 10years 2.My Revolution 3.ぼくらのアーチ
  19. サンキュ
渡辺美里 プロフィール

がんばれポップン・ロールの巨匠。悩める少年少女に夢をあたえ続け早十数年。彼女の歌に励まされ、幾多の困難を乗り越えてきた輩は数知れずであろう。85年、「アイム・フリー」でデビュー。翌86年リリースのシングル「マイ・レボリューション」が大ヒットを記録し、一気にスターダムを駆け上がる。その後は「恋したっていいじゃない」、「センチメンタル・カンガルー」、「サマータイム・ブルース」など、立て続けにヒットを連発、絶大なる支持を獲得していく。勇気、愛、情熱、青春、信念などのポジティヴ・キーワードをモチーフにした詞世界、小室哲哉、大江千里、岡村靖幸(!)など当代随一のポップ職人による極上のキャッチー・サウンドは、今なおエヴァー・グリーンなキラメキに満ちあふれている。なお、毎年恒例の西武球場(現西武ドーム)のコンサートはもはや夏の風物詩として広く認知されているようだ。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着