【UNLIMITS】『蒼 ―アオイ― TOUR
2010 TOUR FINAL』2010年10月7日 at
代官山UNIT

取材:古溪一道/取材:ジャガー

これまでのことを考えると本数は少ないツアーだったものの、ツアーファイナルを観る限り、各地で受け取った熱量がしっかり具現化されていた。UNLIMITSと言えば、“哀愁”や“切なさ”を感じる楽曲が多いが、一瞬一瞬を全力でぶち当たるライヴでは感じ方も変わってくる。ツアーを通して熟成期間を経た楽曲たちにはそれぞれのドラマがあり、やはり観客の期待や興奮が密集した空間では、メンバーのテンションも非常に高く、そのプレイひとつひとつに対して人間味が色濃く出る。それが音源とは違った逞しさへとつながり、さらにフロアを熱くしていた。しかも、今夜はバンド史上最長ということもあって、アンコール含め計24曲という贅沢版。どんな時でも己を持ったバンドの姿に感服せずにはいられなかった。

セットリスト

  1. フランジア
  2. シャットアウト
  3. 孤独へのシグナル
  4. 七月の風
  5. 月光
  6. 月アカリサイレース
  7. 僕の在り処
  8. サテライト
  9. ライムライト
  10. さよならバタフライ
  11. カーマイン
  12. 追憶の未来
  13. モノクローム
  14. 偽りの世界(新曲)
  15. 白い太陽
  16. Sunday
  17. ファンタジーファンタジー
  18. メッセージ
  19. 8
  20. 茜唄
  21. クローバー
  22. 七色の記憶
  23. サヨナラの跡
UNLIMITS プロフィール

アンリミッツ:激しく、切なく、真っ直ぐに突き刺さるヴォーカルと哀愁漂うメロディーライン、そして清水葉子と郡島陽子のコーラスワークを武器とするライヴバンド。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着