【REAL REACH】『REAL REACH ”4 VI
BEs TOUR”』2010年10月16日 at CHE
LSEA HOTEL

取材:ジャガー

関西人の気質なのか? “必ずお前たちをうならせてやる!”といった闘志を剥き出しにした意気込みが頼もしい。1曲目の「Never Ending Story」が始まれば体は自然とリズムを刻み、すし詰め状態の会場がさらに前のめりになる。暗い世の中だからこそ、彼らの楽曲には未来を見据えたものが多い。青臭いまでにストレートな言葉だが、そこに偽りはなく、ライヴまでに観客が溜め込んだ毒素を一気に吐き出させるだけの力強さもある。MCではバカ話に花を咲かせるものの、曲になれば自分たちの音でしか伝えられないことをメンバー全員がぶつける。その必死さに聴き手も熱くなるのだ。しかも、本編終了後に観客と一緒にライヴの風景を収めたPV撮影がスタート。ファンにとっては貴重な経験となり、そこからアンコールに応えるという長丁場ながら、場内は終始笑顔で埋め尽くされていた。

セットリスト

  1. Never Ending Story
  2. By myself
  3. music
  4. Take A GLORY!!
  5. BRANDNEW DAY
  6. 君への詩
  7. survive
  8. It’s NEW world
  9. Everything's gonna be alright
  10. ラフマイダーリン
  11. 大阪愛歌
  12. REBORN
  13. Flower
  14. 虹色橋
  15. Dear
  16. 日々上々
  17. Feeling Groove
  18. ダーリン
  19. サクラ
  20. シャンララ
  21. NO BRAIN
  22. WINNING ROAD
  23. 手を
  24. COOL BOARDER
  25. Risky
REAL REACH プロフィール

リアルリーチ:2002年、大阪で結成。Yo-suke(Vo&Gu)が歌うストレートに心に響く日本語詞と、4人編成でありながらフロント3人のトリプルヴォーカルを最大限に活かし、楽しませるパフォーマンスが融合した新しいかたちのライヴを炸裂させている。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着