【布袋寅泰】『LIQUIDROOM presents
“TOMOYASU HOTEI Monthly Live”
Vol.5』2010年12月20日 at 恵比寿LI
QUIDROOM

撮影:山本倫子/取材:高木智史

“怪我を経た今、ようやくギターの面白さが分かってきた。それを試すライヴができた”。5カ月連続で行なわれてきたマンスリーライヴのファイナルにしてこう語った布袋寅泰。その言葉通り、彼が純粋に愛情を注ぐことのできるアーティストのカバーや、ライヴでは初披露となるオリジナル曲、ファン垂涎の往年、恒例の楽曲などを含めた豪華セット。彼の純粋なギターに対する愛情、そして30年のキャリアを持つ彼が“ようやくギターの面白さが分かってきた”というほど、とてつもないエネルギーに満ちたライヴだった。開演前から“HOTEIコール”を上げるファン。こちらもエネルギー大放出でスタートだ。まずは「DOBERMAN」。ソリッドなギター、TOKIEのグルービーなベース、中村達也の強靭なドラム、小島良喜のトランシーなキーボードと、最強メンバーによるサウンドが唸りを上げる。一気にオーディエンスはオイコールを上げ、熱気で会場の温度はみるみる上昇していく。ロキシー・ミュージックの「LET’S STICK TOGETHER」、エルビス・プレスリーの「ハートブレイクホテル」などのカバーでは感慨深く弾き、歌う、布袋。そして、あのリフが弾き鳴らされる。荒ぶるような大歓声。「BAD FEELING」だ。とてつもなくオーディエンスを興奮させ、またクリスマス時期ということで「HAPPY XMAS(WAR IS OVER)」も披露。随所に散りばめられた彼の魔法のようなギターの妙とともにさまざまな方向でファンを魅了したのだった。2011年は30周年のメモリアル。その第一弾として日本武道館公演が2月1日に開催される。圧巻のステージ、純粋なギターのカッコ良さをぜひ体感してほしい。

セットリスト

  1. DOBERMAN
  2. WADDERERS
  3. BORN TO BE WILD
  4. ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT
  5. LET’S STICK TOGETHER
  6. ハートブレイクホテル
  7. CRYING IN THE CHAPEL
  8. BAD FEELING
  9. NO TURNING BACK
  10. バンビーナ
  11. PARADISE
  12. LOVE THEME from BLADE RUNNER
  13. アストロノーツ
  14. OUTSIDER
  15. SIREN
  16. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
  17. GUITARHYTHM
  18. MERRY CHRISTMAS,LONELY HEART
  19. 月光ピエロ
  20. HAPPY XMAS(WAR IS OVER)
  21. C’MON EVERYBODY
布袋寅泰 プロフィール

ホテイトモヤス:日本屈指のロック・ギタリスト兼シンガー。1988年、氷室京介をも擁したBOØWYを解散。同年、アルバム『GUITARHYTHM』でソロデビューを果たす。この求道的なスピリットに満ちた硬派ロックアルバムは、当時としては珍しい全編英詞による極めてアーティスティックな作品であった。翌89年には吉川晃司とCOMPLEXを結成し、1stアルバム『COMPLEX』をリリース。計2枚のアルバムを残し、90年に惜しまれつつ解散。その後、ようやく実質的なソロキャリアをスタートさせ、「ビート・エモーション」「さらば青春の光」「スリル」「ポイズン」と、作家性と大衆側に接近したポップ性が見事に同居した楽曲を続々とリリース。ストイックなロックミュージシャンであると同時にヒットメイカーとしての才能も開花させていった。布袋寅泰 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着