【神聖かまってちゃん】『神聖かまっ
てちゃん ワンマンツアー東京公演』
2010年12月22日 at 恵比寿LIQUIDROO
M

撮影:森リョータ/取材:フジジュン

3月の衝撃デビュー以降、話題騒然。2010年音楽シーンを掻き回した神聖かまってちゃんが、恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンツアー東京公演を敢行。インディーズ盤アルバム『みんな死ね』、メジャーデビュー盤アルバム『つまんね』が同時発売されたこの日。ツアー初日、の子(Gu&Vo)とステージ上で大喧嘩し、激昂して楽屋の壁を殴りつけ右手を骨折したmono(Key)はギプス姿で登場。異様なテンションで登場したの子が“最初はノリの良い曲でね”と曲紹介して、「ベイビーレイニーデイリー」でライヴがスタート。その後は一曲ごとにMC、つうか雑談。“ライヴで一度も成功してない曲だけど”と始まる演奏はボロボロ。カオティックな「通学Low」や感情的なヴォーカルと演奏の「死にたい季節」、「いかれたNeet」の絶叫など、グッとくる楽曲も多くあったが、家じゃねぇんだから!とツッコミたくなるようなグダグダぶりは、なかなかのもの(笑)。その場で曲順を決め、ステージ上で喧嘩して、「怒鳴るゆめ」では“みんなも歌ってくれれば、そういう感じになるんで”と合唱を呼び掛けたと思いきや、歓声を上げる観客を“うるせーっ!”と突き離す。情緒不安定じゃなかろうか?と心配にさえなるが、ライヴってものの既成概念をぶっ壊すって意味では、かなりロック…だったと思う。たぶん(笑)。「学校に行きたくない」の激しい演奏と大絶叫で本編は終了。雰囲気たっぷりな「23才の夏休み」で始まったアンコールでは、代表曲とも言える「ロックンロールは鳴りやまないっ」で盛り上げて、ライヴが終演。4月には両国国技館でのワンマンも決定した彼ら。今年も好き勝手やってくれ!

セットリスト

  1. ベイビーレイニーデイリー
  2. あるてぃめっとレイザー
  3. 美ちなる方へ
  4. 最悪な少女の将来
  5. さわやかな朝
  6. 通学Low
  7. 死にたい季節
  8. 黒いたまご
  9. 夜空の虫とどこまでも
  10. いかれたNeet
  11. 怒鳴るゆめ
  12. ねこラジ
  13. いくつになったら
  14. 天使じゃ地上じゃちっそく死
  15. 学校に行きたくない
  16. 23才の夏休み
  17. ちりとり
  18. ロックンロールは鳴り止まない
神聖かまってちゃん プロフィール

動画投稿サイトから人気に火が付き、現代の音楽文化を象徴するロック・バンド、神聖かまってちゃん。メンバーは、の子(g&vo)、mono(key)、みさこ(dr)、ちばぎん(b)の4人。幼稚園の同級生であるの子、mono、ちばぎんの前身バンドにメンバー募集でみさこを加え、08年頃より活動開始。

の子による2chでの自作自演の大暴れに端を発するインターネット上での活動が、<PeerCast>や<ニコニコ生放送>での活動と相まって話題となり、<YouTube>にアップしたデモ曲が再生回数20,000回以上を記録。09年には『SUMMER SONIC 09』に出演し、本番はまさかの一曲でライヴを終了させ、強烈なインパクトを残した。

10年3月には1stアルバム『友だちを殺してまで。』を発売。NHK『MJ』でのパフォーマンスで、ネット世代の若者のみならず、一般の音楽ユーザーにも浸透しつつあり、現在、30,000枚を越えるロング・セールスを記録している。同年7月には、4,000枚限定で1stシングル「夕方のピアノ」』を発売するやいなや、店着日で即完。そして12月には<ワーナーミュージックジャパン>よりメジャー・デビューアルバム『つまんね』を、そして<PERFECT MUSIC>よりインディーズ・アルバム『みんな死ね』を2枚同時リリース。衝動的なライヴ・パフォーマンスと、生きづらい現代を生きる全ての人々へのメッセージが多くの人の心を強烈に揺さぶり続けている。公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着