【T.M.Revolution】『T.M.R.LIVE RE
VOLUTION'10 -Strikes Back VIII-』
2010年12月25日 at 品川ステラボール

取材:榑林史章

 クリスマスに集まったのはひげ面や坊主頭などを交えたムサ苦しい野郎たちざっと1000名。T.M.R.が毎年開催し、この日で8回目を迎えた男限定ライヴ『T.M.R.LIVE REVOLUTION'10 -Strikes Back VIII-』が行なわれた。“早く出て来~い”“コノヤロー”“俺と勝負しろー”など愛情あふれる怒声が飛び交う会場は、開演前から異様な空気。1曲目「ULTIMATE」のヘビメタギターが鳴り響き、西川貴教が現れると“ウォー!”という低い声の大歓声が沸き上がり、西川と野郎どもの聖なる一夜が始まった。演奏されたのは全15曲。96年の1stアルバム収録の「URBAN BEASTS」や「PIN UP LADY」をはじめ、「Burnin’ X’mas」や「THUNDERBIRD」など、懐かしいナンバーがずらり。男心をくすぐるヘビーなアレンジに観客は、拳を振り上げ、激しくヘドバンし、ダイヴしたりと大騒ぎ。名曲「WHITE BREATH」は“こごえそうな~”と、野太い大合唱が沸き起こった。さらにアンコールではジューダス・プリーストのカバーも披露し、メタル・ゴッドが憑依した西川も、負けじとヘドバン。観客に水をぶちまけ、最後には上半身裸になっていた。ラストはなんと、中川翔子の「空色デイズ」のカバー。こんな汗臭いところで歌われるとは、しょこたんも想定外だったろう。“野郎ども、お前らの泣きっ面を観に来てやったぜ。こっち来いよ! お前ら、本能のかたまりだろ!”など、終始野郎どもを挑発した西川。“やらせろー”というむちゃな声援にも“おいおい”と苦笑しながら“俺、タチですから”と切り返すなど、下ネタ放題のMCには客席からチ●コールも沸き起こったほど。女子にはきっと分からない、男同士で盛り上がる楽しさ。西川のうれしそうな表情が全てを物語る。

セットリスト

  1. ULTIMATE
  2. URBAN BEASTS
  3. PIN UP LADY
  4. Web of Night -English ver.-
  5. Burnin' X'mas
  6. Joker
  7. Naked arms
  8. SWORD SUMMIT
  9. WHITE BREATH
  10. Save The One,Save The All
  11. Free Wheel Burnin'(Judas Priestカバー)
  12. Master Feel Sad
  13. Pearl in the shell
  14. THUNDERBIRD
  15. 空色デイズ(中川翔子カバー)
T.M.Revolution プロフィール

ティーエムレボリューション:1970年滋賀県生まれ。西川貴教によるソロプロジェクト。1996年5月にシングル「独裁 -monopolize-」でメジャーデビュー。キャッチーな楽曲や完成度の高いステージ、圧倒的なライヴパフォーマンスで人気を集め、数々のヒット曲を連発する。近年では、故郷・滋賀県から初代滋賀ふるさと観光大使に任命され、滋賀県初となる大型野外ロックフェス『イナズマロック フェス』を主催するなど活動の幅を広げている。T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution オフィシャルFacebook
T.M.Revolution オフィシャルTwitter
スタッフオフィシャルTwitter
T.M.Revolution オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着