【吉田山田】『吉田山田ファーストア
ルバム発売記念全国行脚ファイナル!
『吉田山田「と」あなた』』2010年1
2月26日 at DUO Music Exchange

撮影:石本卓史/取材:土内 昇

 山田義孝(Vo)の“押し出せ、押し出せ、ネガティブ押し出せ!”とお馴染の口上が決まったところで1曲目「ガムシャランナー」がスタートし、600人のファンで満杯となった会場にアットホームな空気が広がった。中盤、デビューして約1年半の間に188日、本数にすると262ステージのライヴを行なったと吉田結威(Gu&Vo)が語っていたが、そこに彼らが音楽をやっている意味がある。本人たちが常々語っているように吉田山田の歌は応援ソングだ。自分たちの歌をひとりでも多く届けたいと奔走しているのである。誰もが抱える不安感を拭うようなメッセージを受け止めたファンがクラップと笑顔を返し、オーラスの「ツボミ」まで路上ライヴさながらの親近感が生まれていたのは、これまで全国行脚してきたふたりの想いがひとりひとりに届いている証だと言える。

セットリスト

  1. ガムシャランナー
  2. 涙の海
  3. 愛するキミがそばにいる
  4. ソウルフード
  5. 地図にない路
  6. ダイジョーブ
  7. ありがとう
  8. 雨と泪(ゆず)
  9. 頑張ることに決めた
  10. 水色の手袋
  11. 花鳥風月
  12. 全部そのままのキミでいい
  13. 希望とキャンディ
  14. 夏のペダル
  15. 涙流星群
  16. ハローグッバイ
  17. ツボミ
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,400万回を突破した。19年は3年振り2度目となる全国47都道府県ツアーを開催し、同年11月には中野サンプラザホールにて行なった『吉田山田10周年記念「大感謝祭」』にてデビュー10周年を大団円で締め括った。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着