【Alice Nine】『Alice Nine Live T
our 10 “FLASH LIGHT from the pas
t” FINAL “TOKYO GALAXY”』2011年
1月6日 at 日本武道館

取材:ジャガー

 数多くのレジェンドたちが名を刻んできた聖地、日本武道館にAlice Nineがついに降り立つ。幕開けを告げる暗転。この日駆け付けたオーディエンスのペンライトが光輝く中、なんと客席後方からメンバーが登場。アリーナを取り囲む花道をゆっくりと踏みしめ、念願のステージへと向かった。この意表を付いた演出に歓声も高まり、序盤からフルスロットルなライヴが展開されることとなる。感情的にかき鳴らすヒロトと洗練された音を紡ぐ虎のツインギター、艶かしくベースと戯れる沙我、繊細なリズムを繰り出すNao(Dr)、フロントマンとして強烈な存在感を放つ将(Vo)。終始攻めの姿勢を貫いた本編に加え、アンコールでは2月9日発売の4thアルバム『GEMINI』から新曲「4U」を披露。ここから高みに昇っていくことを感じさせた一夜となった。

セットリスト

  1. 閃光
  2. Le Grand Bleu
  3. 華【ha・na】
  4. 九龍-NINE HEADS RODEO SHOW-
  5. Stargazer:
  6. ハイカラなる輪舞曲
  7. 蜃気楼
  8. Kiss twice, Kiss me deadly
  9. 光環
  10. FANTASY
  11. Base and Drum Jam
  12. RAINBOWS
  13. 闇ニ散ル桜
  14. ヴェルヴェット
  15. RED CARPET GOING ON
  16. 平成十七年七月七日
  17. 4U
  18. TSUBASA.
  19. 極彩極色極道道歌<G3>
  20. 春夏秋冬
  21. Waterfall
  22. the beautiful name

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着