【矢井田 瞳】『10周年記念ライヴ ~
ただいま、ありがとう~』2011年1月
17日 at SHIBUYA-AX

撮影:susie/取材:ジャガー

単独ライヴとしては約3年振りとあって、開演前から“ヤイコ”コールが繰り返され、割れんばかりの拍手に包まれていた。しかし、矢井田 瞳がステージに立つと心地良い緊張感と静寂が広まる。空を切るかのごとく、1曲目「B'coz I Love You」が投下されると会場は波打ち、一気にヒートアップ! 力強くギターをかき鳴らす姿、伸びやかな歌声は健在。いや、これまで以上に清々しく冴え渡っているようだ。観客ひとりひとりの感情を受け止め昇華していく、彼女の歌声が持つ包容力に感服する。溜め込んだものを吐き出すべく、バンドメンバーと音を紡いでいく矢井田の表情は終始笑顔。そんな等身大のまっすぐな思いが込められた新曲「Simple is Best」は、新たな始まりに期待させるアッパーチューン。大合唱に終わった「Life's Like A Love Song」まで、充実の内容で駆け抜けた。

セットリスト

  1. B'coz I Love You
  2. アンダンテ
  3. Ring my bell
  4. i can fly
  5. How?
  6. ドキドキのつぼみ
  7. 37.0℃
  8. 悲しみが吹いた時
  9. 月のなみだ
  10. マワルソラ
  11. Over The Distance
  12. Simple is Best
  13. Bazzstyle
  14. Look Back Again
  15. Dizzy dive
  16. ネバーランド行き
  17. Go my way
  18. 手と涙
  19. My Sweet Darlin'
  20. Life's Like A Love Song
矢井田瞳 プロフィール

ヤイダヒトミ:1978年7月28日大阪生まれ・A型。00年に青空レコードより関西地区限定シングル「Howling」でインディーズデビュー。その後、矢井田瞳名義で1st マキシシングル「B'coz I Love You」でメジャーデビュー。2ndシングル「My Sweet Darlin’」、1stアルバム『daiya-monde』がミリオンヒットを記録。その後も順調にリリースとツアーを重ね、19年8月に新作ミニアルバム『Beginning』をyaiko名義でリリースした。矢井田瞳 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着