【THE UNIQUE STAR】『TOUR2010-201
1“Dance in the DEVIL”FINAL Dram
atics#4 ONE-MAN』2011年1月22日 at
渋谷O-Crest

撮影:後藤高明/取材:高木智史

ソールドアウトで迎えたツアーファイナル。ガヤつく会場に轟音を叩き付け一気に主導権を握るTHE UNIQUE STAR。その鬼気迫る勢いに毎度のことながらゾクゾクさせられる。「ゴッホとアンプリファー」や「不敵な笑みを浮かべる日」などのアグレッシブなナンバーはやはり圧巻で、ライヴとなるとそのスピード感、グルーブはとてつもない攻撃力を持つ。だが同時にポップさもあり、エバタヒロカズ(Vo&Gu)の歌に合わせて観客が腕を降る姿は印象的だった。また、初披露された「この夜が明けたら、世界は僕のモノ」では、これまでの混沌とした音世界ではなく、たおやかで光が射したような包容力を見せる。“このワンマンは区切りではあるけど、大したものじゃありません。もっと上を見ていますから。一緒に行きましょう”とエバタ。その何かを含んだような言葉と楽曲にこれからも魅了されるのだろう。

セットリスト

  1. チャイナチャイナ
  2. バタフライ狂想曲
  3. ブリットポップの教え子たち
  4. ベートーヴェンを聴きながら
  5. ドクターラブ
  6. 新曲
  7. 17才
  8. HELLO
  9. ゴッホとアンプリファー
  10. Friday,kiss me Friday
  11. この夜が明けたら、世界は僕のモノ
  12. センチメンタリー
  13. 不敵な笑みを浮かべる日
  14. 真夜中4時
  15. 東京
  16. +Distortion
THE UNIQUE STAR プロフィール

ザ・ユニークスター:2008年、エバタヒロカズが中心となり結成。バンド名の由来は、“ただひとつしかない星”。鋭いエッジの効いたギターサウンド、エモーショナルなハイトーンヴォイス、高い演奏力に裏打ちされた爆発的なライヴパフォーマンスで熱く支持される。 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着