【MONOBRIGHT】『LIVE TOUR 2011 淫
ビテーション・ツアー』2011年2月5日
at 赤坂BLITZ

撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)/取材:高木智史

昨年11月にヒダカトオル(ex-BEAT CRUSADERS)と結婚(メンバー加入)し、新体制でのハネムーン(本ツアー)がファイナルを迎えた。正直、加入のニュースが流れた時にはMONOBRIGHTがヒダカに乗っ取られてしまうのではないかという驚きと心配みたいなものがあった。果たしてどんなバンドになっているのか。大注目のライヴは「英雄ノヴァ」で幕開け。硬質なギターサウンドが轟き、桃野陽介(Vo&Gu)は体をくねらせ独特のダンスを踊り、いきなり全快! ヒダカは桃野とヴォーカルの掛け合いを見せ、続く「ポーツス」では松下省伍(Gu)とギターで魅せる。The Turtlesのカバー「HAPPY TOGETHER」ではMONOBRIGHTが持っていたダイナミクスにヒダカが歌とエレクトロでポップさを注入。MCでは桃野とヒダカが中心となりビークル譲り!?の下ネタで観客の笑いを誘ったり、あくまでいちメンバーとして存在する姿があった。ただ、明らかに楽曲の完成度もグルーブも、はっちゃけ具合もバージョンアップ! 終盤の圧倒的な熱量でもって、クライマックスを迎えるさまは圧巻だった。と、本編が終わると、このライヴが披露宴ということでアンコールならぬ二次会へ。“お色直しが終わりました”とアナウンスされると安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」が流れ、会場大爆笑の中メンバー登場。まず怒髪天の増子直純やPerfumeから届いたお祝いの電報を読み上げ、郷ひろみの「お嫁サンバ」を桃野が熱唱し、二次会にありがちなカラオケ大会的な大宴会ムードに。そして三次会、四次会となだれ込み、ラストは「未完成ライオット」で幕を閉じた。なお、4月8日からは追加公演も決定。楽曲においても、エンターテイナーとしても、無限大になったアッツアツなMONOBRIGHTを見逃してはいけない!

セットリスト

  1. 英雄ノヴァ
  2. ポーツス
  3. JOYJOYエクスペリエンス
  4. HAPPY TOGETHER
  5. この人、大丈夫ですか
  6. 紅色ver.2
  7. デイドリームネイション
  8. 宇宙のロック
  9. CaliforniaSun California Rain
  10. 雨に歌えば
  11. WONDER WORLD
  12. 孤独の太陽
  13. DANCING BABE
  14. オードリー・へプバーン泥棒
  15. ライディーン
  16. 踊る脳
  17. 旅立ちと少年2
  18. お嫁サンバ
  19. BE MY WIFE
  20. COME TOGETHER
  21. 頭の中SOS
  22. アナタMAGIC
  23. 正義にて
  24. <ENOCORE2> 1.国産バイブレーション
  25. 未完成ライオット
MONOBRIGHT プロフィール

専門学校からの仲間によって06年札幌で正式結成。メンバーは桃野陽介(V,G)、松下省伍(G)、出口博之(B)、瀧谷翼(D)の4人。2010年11月15日より、ヒダカトオル(ex-BEAT CRUSADERS)をG,Key,Choとして正式メンバーに迎え、バンド名をmonobrightから大文字表記の「MONOBRIGHT」に変更。

07年3月メジャー・デビュー前にも関わらずポストパンクの実力派バンドBLOC PARTY(from UK) のJAPANツアー(名古屋・大阪公演)のフロント・アクトという大役をつとめる。その年の7月にシングル「未完成ライオット」でメジャー・デビューを果たし、いきなり『ROCK IN JAPAN FES.2007』『SUMMER SONIC 07』といった大型フェスに出演。

08年も果敢にその活動の幅を広げ、日本のみならずUKはブライトンで行われた『THE GREAT ESCAPE』をはじめ国内外のフェスに多数出演、結成2年にして日本のロック・シーンにおけるライヴ・バンドとしての地位を確立。
09年は2月から初のスプリット・ツアーをスタート。時代の風を切って邁進し続けている。

2011年1月には5人編成になって初のリリース作品ミニアルバム『淫ビテーション』をリリース、全国ツアーを行う。monobright Official Website
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着