【難波章浩】『~PUNK ROCK THROUGH
THE NIGHT☆~』2011年3月4日 at 渋
谷CLUB QUATTRO

撮影:久保憲司/取材:高橋美穂

ソロ名義での2ndアルバム『PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT』で、バンドサウンドを解禁した難波章浩。そのリリースツアーのファイナルでは、locofrankとthe telephonesという、Hi-STANDARDを聴いて育った世代のゲストバンドが熱演。そして、ギュウギュウに押し掛けたオーディエンスが待ち兼ねる中、いよいよ難波が登場!
 これから走り出す宣言のような「MY WAY」からライヴをスタートさせる。これを待っていたんだ、気持ちが抑えられないとばかりに、フロアからは“難波!”コールが巻き起こる。それに応えるように、熱っぽく“OK、行くぜ、パンクロック!”と叫ぶ難波。まさに相思相愛。なお、今回のバンドは、ギター2本の4人編成。ツアーを経たことでバンドらしく溶け合ったのか、各々がしっかり主張している様子が印象的だった。中盤には、「STAY GOLD」と「NEW LIFE」と今も輝き続けるHi-STANDARDの名曲を立て続けに披露! あぁ、あの声だと思わずにはいられない。会場の興奮も頂点に達し、大音量のシンガロングが響き渡った。
 そして、再びアンコールで現れた難波は、“また青春始まっちゃったって感じです”と笑顔で言った後に“『AIR JAM』って知ってる?”とオーディエンスに問い掛ける。ざわめきの中、今年9月に横浜スタジアムにて、『AIR JAM』規模の主催イベントを開催することを発表! そしてダブルアンコールでは、ひとりでレスポールを抱えて、Hi-STANDARDの「Brand New Sunset」を弾き語って、ライヴを締め括った。
 まさかの楽曲、まさかの発表。驚きと喜びが満ち満ちた、難波ならではのステージだった。

セットリスト

  1. MY WAY
  2. JUMP JUMP JUMP!!!
  3. STARTING OVER
  4. PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT
  5. DON'T GIVE UP ON YOUR LIFE
  6. ONE STEP INTO FREEDOM
  7. Hawaiian Roller Coaster Ride
  8. 輝く日々
  9. STAY GOLD
  10. NEW LIFE
  11. GET YOUR WINGS
  12. 未来へ~It's your future
  13. WAITING FOR YOU
  14. TAKE ME HOME,COUNTRY ROAD
  15. California Dreamin'

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着