【Qwai】『Qwai presents.An Invisi
ble Library』2011年3月6日 at 甲府
KAZOO HALL

取材:ジャガー

メンバーの一時離脱を経験し、改めて4人で音楽をできることの楽しさを噛み締めているQwai。窮地に追い込まれたからこそ光を見ることができたミニアルバム『メランコリー』を完成させ、地元である山梨県甲府でワンマンライヴを行なった。綺麗に枠に収まろうなんて毛頭ない激しさ、胸を焦がす切ないメロディー、力強く訴えかける歌声、彼らの魅力を余すことなく出し尽くした内容だったのではないだろうか。
 序盤から“みんな硬い、硬いよ!”と気さくに声をかけ、自身の放つ言霊、熱を帯びたその声で観客を煽る大久保良一(Vo&Gu)。“同じ空気を共有しよう”“ただ自由に楽しもう”というすごくシンプルな思いからの行動だろう。永田利之(Gu&Cho)もエッジの効いたギターを鳴らし、井上雄太(Ba&Cho)はいつも以上に全身でぶつかっていくような激しいベースプレイで、全体のバランスを取るために俯瞰的な存在であった雨宮鉄也(Dr)も内に秘めたる熱い感情を外へと発散。“もっとひとつになりたい”と貪欲な姿勢をのぞかせた。もちろん、Qwaiの意気込みに感化されたオーディエンスもかき鳴らされるサウンドに身を委ねる。叙情的な世界観からさらにその一歩先、光に突き進んでいく光景を目撃した瞬間だった。
 そして、この日の公演は10年かけて辿り着いたソールドアウト。“10年かかったけど、この光景があれば大抵のことは乗り切れる。今日という日は絶対に一生忘れない”と感謝の言葉を述べ、アンコール含め最後の最後までエモーショナルなライヴを見せつけた。

セットリスト

  1. 風のある日
  2. ラストサマー
  3. time
  4. メランコリー
  5. 砂時計
  6. 午前一時、空
  7. アルペジオ
  8. 秋唄
  9. 少年
  10. サヨナラの空
  11. PM4:00
  12. 手のひら
  13. ハイタウン
  14. 未来地
  15. 星の旅人
  16. エンディング
  17. サクラ
  18. 手紙
Qwai プロフィール

山梨県甲府市出身の4人組ロックバンド。2006年4月にバンド結成。
ちなみにバンド名Qwaiは、甲府の名称“甲斐の国”の“甲斐”をもじった造語。
インディーズ時代は、CDの発売と並行して年間100本のライブを行い、各レコード会社やマスコミから注目を浴び、2010年2月にシングル「サヨナラの空」でSony Music Recordsよりメジャー・デビュー。
メジャー初となるミニアルバム「メランコリー」を3月2日(水)に発売決定。
レミオロメンに続く山梨県出身のロックバンドとして注目されているオフィシャルHP
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着