【Half-Life】『LEGARE』2011年3月2
6日 at 渋谷CYCLONE

撮影:福本和洋/取材:ジャガー

第4回目となるHalf-Life主催イベントは、互いにライバル視しているback numberを迎えての2マン。序盤から本人たちも前のめりになって観客を煽り、鬼気迫る上里洋志(Gu&Vo)のヴォーカルと美しいバンドサウンドを轟かせた。それは、ここ数日で芽生えてしまった不安を取り払っていくように、熱く、胸を打つもので、彼らがこの日に主催イベントを決行した想いを十分に受け止めることとなった。そして、回を増すごとに“LEGARE=つながり”が強くなっていると語るだけあって、アーティスト同士の絆はもちろんのこと、会場の一体感も強く感じられた。温もりや優しさに満ちた音、答えの出ない葛藤を映し出す音…1曲に込めた思いに、今を楽しもうという純粋な気持ちが加えられ、さまざまな情景を生み出す。Half-Lifeの奥深さを体感できた一夜だ。

セットリスト

  1. orange
  2. magic
  3. 色彩
  4. city talk
  5. discord
  6. アンプラグ
  7. J-POP
  8. idea
  9. effectology
  10. entrance
  11. 新曲
  12. sigh
Half-Life プロフィール

09年12月に<avex/tearbridge records>より1stアルバム「second narrow」でメジャー・デビューを飾った、上里洋志(vo&g)、岡村健人(b)、福島有(dr)から成る3人組バンド、Half-Life。00年、岡村を中心にカナダ・バンクーバーにて結成され、活動開始。05年に活動拠点を日本へ移し、現在、渋谷CYCLONEを中心に都内でライヴを展開しつつ、活動範囲を全国に拡大している。

歌謡曲の要素を取り入れながら、J-POP/ロックをエモーショナルにミックス。独創的かつ心地よいメロディー・ライン、ぶれない強靱なバンド・アンサンブル。その迫力ある音楽は、“ギター・ロック”や“歌もの”という枠だけでは計れない音楽性とポテンシャルを秘めている。拙くも感情の温度が感じられる紡ぎだされた言葉、見る者の体温を上昇させるライヴ・パフォーマンスはエネルギーに満ち溢れており、感情を曝け出すヴォーカル、静寂と爆音が美しく同居したバンド・アンサンブルが心を掴む。Half-Life オフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着