【LAID BACK OCEAN × UVERworld】『
DREAM REPAIRS ~夢の修理屋 5 + 6
CORE PRIDE ~』2011年7月18日 at
日比谷野外大音楽堂

撮影:有賀幹夫/取材:石田博嗣

本格的に始動したLAID BACK OCEANと、それにエールを贈るUVERworldによるツーマンライヴ。しかし、俗に言う“対バン”ではない。それは両バンドのMCよりも、そのステージであり、観客の表情を観ていて感じた。先攻はUVERworld。“セットリストは本気でいってるから。大事な曲、全部出すから”とTAKUYA∞(Vo)も言っていたが、のっけからヘビーチューン「いつか必ず死ぬことを忘れるな」で客席を大きく揺らすと、たたみかけるようにグルービーかつアグレッシブなナンバーで攻め立て、瞬く間にワンマンライヴさながらの一体感を作り上げた。そこにはLAID BACK OCEANの前に客席を最高潮にまで温めておきたいというリスペクトの念があり、そんな彼らの120パーセントのアクトを受けて、会場が一気にヒートアップしたと言える。そして、後攻へとバトンが渡されるわけだが、UVERworldがパワーロックで攻めたなら、LAID BACK OCEANは痛快なピアノロックで観客を魅了! セットチェンジのインターバルなどなかったかのように、最高潮に達していた客席の熱をさらに高めていく。中盤にはミディアムな「永久歯」や○貴のピアノをバックにYAFUMIが切々と歌い上げた「i+kill」も披露されたが、高まった熱は冷めることはない。静かに聴き入りながらも、奏でられるサウンドに、届けられる言葉に胸を熱くしている。つまり、UVERworldも、LAID BACK OCEANも、そういう信念でライヴを繰り広げたということだ。どちらのバンドのファンとか関係なく、音楽を必要としている者、音楽に救われている者として、最後までステージと客席…観客ひとりひとりがひとつになっていた。

セットリスト

  1. [UVERworld] 1.いつか必ず死ぬことを忘れるな
  2. 一石を投じる Tokyo midnight sun
  3. ace of ace
  4. No.1
  5. 6つの風
  6. GOLD 7.バーレル
  7. CORE PRIDE
  8. スパルタ
  9. UNKNOWN ORCHESTRA
  10. [LAID BACK OCEAN] 1.新曲
  11. カップラーメン ジェネレーション
  12. STAR RAIN ~空のおちこぼれ~
  13. MY STORY
  14. SEVEN WONDER
  15. 永久歯
  16. i+kill
  17. ~SE~
  18. 何も起こらない日の希望
  19. wataridori
  20. 新曲11.こんな僕らが戦うべきもの
  21. 土の記憶
  22. カップラーメン ジェネレーション
LAID BACK OCEAN × UVERworld プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着