【THE BACK HORN】『「KYO-MEI ワン
マンライブ」~第二回夕焼け目撃者~
』2011年7月23日 at 日比谷野外大音
楽堂

撮影:橋本 塁(SOUND SHOOTER)/取材:土内 昇

バンドのアンサンブルというのはパンクロックのように衝撃を与えるものから、プログレのような構築美を突き詰めたものまでさまざまだ。THE BACK HORNの場合は、その両方を兼ね備えていると思っていたのだが、改めてそれを実感した。7年振りとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマン公演。単発のライヴということから、さまざまな時代の楽曲が組み込まれたセットリストがTHE BACK HORNのコアな部分を浮き彫りにしていく。1曲目は「レクイエム」。オープニングから大地を揺るがすような重く響くサウンドを叩き付けると、その後も内なる閉塞感を破壊するような楽曲が矢継ぎ早に、野外という解放的な空間に放たれる。その屈強なグルーブであったり、天高く突き抜けるギターであったり、空を震わせるようなヴォーカルが、時に攻撃的に、時にドラマチックに絡み合いながら全身を刺激し、一曲終わるごとにズシーンとした衝撃とともに、胸の奥で抑え付けていたものが徐々に浄化されていく感覚を覚えた。それは、弾かれる音が持つ波動や歌詞に宿った言霊が心の欠けている部分を埋めたとも言え、これぞ“KYO-MEI”だろう。また、山田将司が独り芝居のような圧倒的な説得力でもって言葉を吐き、それを各パートのフレーズが彩ることで、その浸透力を増幅させていることは言うまでもない。楽器陣の演奏は伴奏ではなく、ヴォーカル同様に叫びであり、歌なのだ。特に圧巻だったのが本編ラスト「世界中に花束を」。力強いプレイと熱唱による4人の感情のアンサンブルを前に、輝度を増していく光を感じたのは僕だけでないはずだ。そういう意味でも、THE BACK HORNというバンドを堪能したライヴだったと言える。

セットリスト

  1. レクイエム
  2. 涙がこぼれたら
  3. アポトーシス
  4. セレナーデ
  5. 羽衣
  6. 舞姫
  7. ジョーカー
  8. 墓石フィーバー
  9. 何もない世界
  10. 水芭蕉
  11. 夢の花
  12. 覚醒
  13. 真夜中のライオン
  14. コバルトブルー
  15. 戦う君よ
  16. 世界中に花束を
  17. 光の結晶
  18. 無限の荒野
THE BACK HORN プロフィール

ザ・バックホーン:1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聴く人の心を震わせる音楽を届けている。01年にシングル「サニー」をメジャーリリース。17年には宇多田ヒカルとの共同プロデュース曲「あなたが待ってる」が話題に。結成20周年となる18年、3月にメジャーでは初となるミニアルバム『情景泥棒』を、10月にはインディーズ時代の楽曲を再録した新作アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を発表。また、ベストセラー作家・住野よるとのコラボレーション企画も注目を集め、2021年末にはフィジカルとして約4年5カ月振りとなる待望のシングル「希望を鳴らせ」をリリース!THE BACK HORN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着