【かりゆし58】『ハイサイロード201
1 5周年!唄って楽シーサー!踊って
カチャーシーサー!』2011年9月13日
at 渋谷C.C.Lemonホール

取材:高木智史

 デビュー5周年を記念し、リリースされた初のベストアルバム『かりゆし58ベスト』を引っ提げてのツアーの初日。そして、初のホールツアーである。5年の間、日常生活の出来事に歌で寄り添ってきたかりゆし58。小さな子供から年配の方まで世代を問わず、彼らの歌に背中を押され続けてきたファンでびっしりと会場の席は埋まっていた。前川真悟(Vo&Ba)はそんな記念すべきこのライヴに“演出とかいろいろ考えたけど、のんびりやるのがいいさ”とMCで語る。らしいひと言だなと思ったが、彼らのライヴでは派手な演出はなくとも歌さえあればいい。観客も同じ気持ちだっただろう。ベストアルバムのツアーということで代表曲オンパレードのセットリストで、「電照菊」ではオイコールが起こり、「会いたくて」では楽曲の世界観と同じく会場の誰もがそれぞれの過去を想うようにただ聴き入る。手拍子や歌が沸き起こったり、タオルを振り回したり、沖縄の踊りであるカチャーシーを踊ったり…それぞれの楽曲でバンドだけでなく、ファンもパフォーマンスし、常に一体感を作り進んでいくのだった。また、先日発生した東日本大震災後に前川が福島の友人との会話を通して作った「このまちと」も披露。この楽曲もそうだが彼らの歌は頭で考えられたものではなく、心から放たれている。だから、ライヴではファンも一緒になって楽しむことができる。“今までの5年よりも6年目を面白いものにしたい”と語ったかりゆし58。年齢的にも30歳を迎え、より深みが増した名曲がこれからも歌われていくのだろう。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
かりゆし58 プロフィール

カリユシゴジュウハチ:2005年4月に沖縄で結成。06年2月にミニアルバム『恋人よ』でデビュー。同年7月にリリースした「アンマー」が多くの共感を呼び、日本有線大賞新人賞を受賞。11年発表の初ベストアルバム『かりゆし58ベスト』はオリコンアルバムチャート1位を記録。沖縄音階にロック、レゲエをチャンプルーしたサウンドと、飾らない言葉でメッセージを発信し、世代を超え人気を呼んでいる。沖縄で生まれ育った彼らならではの“島唄”を全国に向け歌い続け、2016年でデビュー10周年を迎える。かりゆし58 オフィシャルHP
かりゆし58 オフィシャルTwitter
かりゆし58 オフィシャルFacebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着